Vラインとはどこからどこまで?クリニック別の照射範囲も紹介

Vラインの毛ってどこからどこまでなんだろうか。VIO脱毛が人気のクリニックの、Vラインの照射範囲を見てみよう。

Vラインとはどこのこと?

Vラインとは正面から見えるアンダーヘアのこと。

Vライン脱毛の範囲

ただし、下のイラストの薄いピンク色の部分は、性器(割れ目)サイドの毛なので、一般的にはIラインの範囲。Iラインも上3分の1くらいは正面から見えるということ。なので、Vラインの形を狭めるときはIラインとのつながりも含めて考えることが大事

Vラインの形 たまご型

湘南美容外科クリニックのVラインの照射範囲

湘南美容外科クリニックは全国に展開する、もっとも有名な美容クリニック。脱毛はここの看板メニューで、最近はやはりVIO脱毛がすごく人気があるらしい。

VIO脱毛の料金は業界最安値クラスで、「1回」「3回」「6回」「9回」とコース回数の選択肢も多いので、プランを組みやすい。

湘南美容外科クリニックのVラインの範囲は2パターンある。VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)セットを選べば「V」の範囲、Vライン脱毛を単体で利用する場合はV1の範囲になる。

湘南美容外科クリニックのVラインの照射範囲
V 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく=骨盤の出っ張った部分)から足のつけ根まで+スポット3つ分 ※1スポット=直径約1.8cm
V1 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく=骨盤の出っ張った部分)から足のつけ根まで。足を閉じ、三角形の先端から横5cm×縦8cmの毛を残す。

つまり「V1」はVラインの中央は照射できません、ということ。Vラインに全照射したいならVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)セットを選ぼう。

なお、「V」なら足の付け根の下3スポット分までは、料金の範囲内で照射してくれるので、毛の範囲が広い人には安心

アリシアクリニックのVラインの照射範囲

アリシアクリニックは、東京近郊に展開する女性向け脱毛専門クリニック。VIO脱毛と言えばココと言われるくらい人気がある。私も通っているけど、女性オンリーという安心感、専門性の高さ、徹底的に患者目線の誠実な対応にとても信頼を置いている。クリニックの雰囲気や客層が落ち着いているのもいい。

VIO脱毛セットの料金も湘南より少し高いくらいで、相場から見れば安い。周囲だけを脱毛する「VIO脱毛セット(ビューティ)」と、すべて照射できる「VIO脱毛セット(スムース)」の2つから選べる。

アリシアクリニックのVラインの照射範囲
Vライン
(ビューティ)
骨盤より下の太い毛の生え始め〜ショーツ内側サイド
(中央部分は照射できない)
Vライン
(スムース)
骨盤より下の太い毛の生え始め〜ショーツ内側サイド
(毛の生えているエリアすべて照射可能)

全照射してほしいならスムースを選ぼう。ビューティの照射範囲は湘南の「V1」に似ている。

毛の範囲が広い人は、「太ももの一部」(15cm×8cm…手のひらくらいのサイズ)という別メニューの用意がある。

自分の毛の範囲を見てみよう

どこのクリニックでも、Vライン上部はたいてい、骨盤の骨の出っ張ったところから下、と定めているとこが多いと思う。Vラインサイドは、足の付け根より外側はクリニックによって対応が異なるので、その辺りにまで毛が生えている人はそれも踏まえて、トータルコストがいくらになるか計算しよう。

≫ 女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』

≫ エステから乗り換える人も多い『湘南美容外科クリニック』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加