VIO脱毛の痛みを和らげる方法

ワキや手足の脱毛でも痛いのに、VIOなんてもっと痛いんじゃないか。興味はあるけど怖くて一歩踏み出せない。そう考えている人は多いと思う。私もそうだった。そこで、VIO脱毛の痛みを和らげる方法について考えてみた。

VIO脱毛の痛みを和らげる方法

痛くないVIO脱毛はない

レーザー脱毛が痛い理由

レーザー脱毛の場合、ある程度の痛みは避けられない。レーザーの光が皮膚を通過して、毛の黒い色に反応して熱エネルギーに変わり、毛根(毛を作り出す毛乳頭や毛母細胞など)を熱でアタックするのだけど、このときに痛みを感じる。

でも、痛みは回を重ねるごとに薄れていく。出力はだんだん上がっていったとしても、毛の密度が減っていくので、痛みを感じるポイントが少なくなっていく。「慣れたら平気」とよく言うけど、そういうこと。

毛抜きやブラジリアンワックスはもっと痛いし、デメリットがたくさん

アンダーヘアは太くて濃いので、シェーバーで剃っても、剃り跡がヒゲのように目立ってしまう。そこで、毛抜きやブラジリアンワックスで抜いて処理する人がいるけれど、これはとても危険。

アンダーヘアは他の部位に比べて、毛が根深く強いので、毛を抜くときに皮膚が奥から強く引っ張られてすごく痛い。ブラジリアンワックスは泣くほど痛い。

無理に引っこ抜くので炎症も起きやすい。抜けた後に大きな空洞ができ、そこに雑菌が入って毛のう炎になりやすい。空いた大きな穴をふさぐため皮膚が再生しようとする力も働きやすく、埋没毛にもなりやすい(治すのはとても大変)。こうした自己処理を繰り返すほど見た目が汚くなるし、刺激がメラニンを活性化させて黒ずみの原因にもなる。早い段階でレーザー脱毛を考えた方がいいと思う。

VIO脱毛の痛みを和らげる方法

ではレーザーによるVIO脱毛の痛みを和らげる方法はあるのか。いくつか考えてみる。

検証1:痛みの少ないレーザー脱毛機を選ぶ

●エステ脱毛や家庭用脱毛器を選ぶ

医療脱毛の痛みが怖くて、エステサロンや家庭用脱毛器に使われる光脱毛(フラッシュ脱毛。IPL脱毛やS.S.C.方式と呼ばれるものはすべてこれ)を選ぶ人もいると思う。

光脱毛はエネルギーが弱いので、効果も弱いけれど、痛みは医療脱毛に比べて比較的少ない(出力の高さによる)。ただし、光脱毛には毛根を破壊するほどのエネルギーはなく、永久脱毛はできない(法律でできないことになっている)。回数・期間も医療脱毛の約3倍かかる上に、一時的な減毛効果しかなく、何年か後にまた生えてくることが多い。

最近は医療脱毛が安いので、必要な回数で比べると、エステ脱毛の方が高くなることは多い。機械の性質上&スタッフの知識不足により、やけどのリスクもより高い。それに結局、痛いのは痛い

それでも「信頼できるエステサロンがある」というなら、選んでもいいと思う。なお、家庭用脱毛器でVIO脱毛するのは本来危険なので、完全に自己責任になるけど、やっている人はいる。私もやっていた。全然毛が減らないし疲れるのでやめた。

【結論】コスパよりも痛みの少なさをとる人、根気のある人ならどうぞ

●痛みの少ない医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックを選ぶ

医療レーザーなら毛根を破壊することができ、Vラインなら5〜7回程度、IOラインなら8〜10回程度でつるつるになる。VIO脱毛8回コースというのが一般的で、値段は安いところで10万円を切る。期間は2年〜2年半。でも効果が高い&早いので、最初の3回でかなり満足な状態にはなる。なのでVIO脱毛をするなら医療脱毛をおすすめしたい。

だけどやっぱり最初は痛い。特にIラインは色素沈着があって毛も濃いので、痛みを感じる人が多い。そこで、「痛みが少ない」と謳われている医療レーザー脱毛機に注目する人もいる。

具体的には、女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』などが導入するライトシェアデュエットや、『レヴィーガクリニック』『川崎中央クリニック』が導入するメディオスターNeXT(Pro)がある。

ライトシェアデュエットは、皮膚を吸引して伸ばして照射することで痛みを抑える特徴があるけど、VIO脱毛に使う小さなヘッド(9mm角)はそれは関係ない。一般に普及しているジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)に比べて痛みが少ないと言われているけど、どっちもどっちで好みだと思う。

メディオスターNeXTは蓄熱式といって(ソプラノアイスという機種もそう)、同じ箇所を何度も滑らせるように照射し、弱いエネルギーを広範囲に入れる。メディオスターNeXTの場合は毛根ではなく、より浅いところにあるバルジ領域(毛の司令塔)を狙う。「だから痛くない!」と言われることがあるけど、結局のこの機械も毛根の黒い色に反応させて照射するしくみなので、感覚的には広範囲に痛い&熱いという感じ。

※参考記事:メディオスターNeXTのVIO脱毛の痛み・効果【体験談】

いずれも、痛くない箇所(私の場合はVライン全般&Iライン外側)はまったく痛くないし、特に3回目以降は本当にラクになったので、そこまで怖がらなくていいと思う。そして、痛いときはどの機械でも痛い、という印象。

【結論】機械にはそれほど期待しない方がいいかも

検証2:麻酔を使う

VIO脱毛が安くて人気の『湘南美容外科クリニック』では、笑気ガスと麻酔クリームの2つの麻酔を用意している。麻酔クリームは照射の1時間前に塗ることで、皮膚を麻痺させて痛みを和らげるというもの。「無痛だった!」「効かなかった…」と感想は分かれる。

VIO脱毛で有名な『アリシアクリニック』では、もともと痛みが比較的少ない医療レーザー脱毛機(ライトシェアデュエット)を使っていることもあり、麻酔クリームを使う人はほとんどいないとのこと。

湘南美容外科の看護師さんによると、「VIO脱毛なら笑気ガスの方が効くかも」とのこと。笑気ガスとは、マスクからガスを吸い、酔っ払ったようなリラックス状態になる麻酔。確かに効きそう。

【結論】いずれも3,000円程度なので試す価値はある

検証3:生理前の時期を避ける

生理中のVIO脱毛は、普段よりも痛みを感じやすい。特に生理前から始まりかけは、デリケートゾーンがじんじんする人も多いと思うけど、そこに照射するのだからすごく痛いはず。予約を入れる際は、この時期をなるべく避けた方がいい。

『アリシアクリニック』ならキャンセル料0円で、キャンセルで空いた枠に予約を差し替えることもできるので、生理の時期が読めない人にはおすすめ。

【結論】特に痛みが出やすい初回は避けるべき

以上、VIO脱毛の痛みを和らげる方法について考えてみた。個人的には最初のIラインだけが痛くて、ピッピッという照射のリズムに合わせてぐっと力を入れることで、痛みを中和するイメージで耐えた。看護師さんに頼めばゆっくりやってもらうこともできるけど、Iラインだけなら2分程度で終わるので、早く終わる方を優先した。

終わってみればあっという間だし、永遠に快適でキレイでいられるメリットを思えば大したことはない。ハワイのビーチにいる自分を思い浮かべるなど、妄想で紛らわすというのも意外と効果があると思う。

痛みにすごく弱い自分がVIO脱毛を決断できたのは、自分でも意外だったけど、今後の人生でしないデメリットの方が大きいと考えたこと、痛いのは最初だけということ、あとはカウンセリングを予約した時点で覚悟が決まったという感じ。そこまではうだうだ悩んでいたけど、決めた後は将来へワクワクする気持ちの方が強くて、不安は消えていた。

なので9割やることは決めてるけど、1割の不安で決めかねている・・・・という人は、まずカウンセリング予約をしてみることをおすすめしたい。Webで直近の空いている日時から選ぶことができる。早くてその日・翌日に行けることも。VIO脱毛を体験したスタッフから参考になる話をたくさん聞ける。クリニックなので押し売りめいたものは一切なくて安心。

女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』:VIO脱毛が人気。東京近郊の方に。

『湘南美容外科クリニック』:VIO脱毛が人気。この中では一番安い。全国展開。

『レヴィーガクリニック』:恵比寿にあるメディオスターNeXTを導入する希少なクリニック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加