VIO脱毛の痛みを文章で表現するとどうなるか

VIO脱毛をしたことがない人でも、他の部位のレーザー脱毛を経験したことがある人は多いと思う。それなりに痛みを感じたと思うし、それがデリケートゾーンだとどんな痛みになるのか、想像できない人も多いと思う。そこで、私の感じた痛みを文章で表現してみる。

VIO脱毛の痛みを文章で表現

家庭用脱毛器『ケノン』(光脱毛)でのVIO脱毛の痛み

私のVIO脱毛歴は、家庭用脱毛器『ケノン』から始まった。家庭用脱毛器はエステと同じ光脱毛(フラッシュ脱毛)の方式。医療レーザーに比べて効果が弱く、皮膚表面にとどまりやすいレーザー波長のため、やけどリスクが高いというデメリットもある。永久脱毛効果はない。

全然毛が減らなかったので医療に乗り換えたのだけど、ともかくその痛みを表現してみる。(ケノンではIライン・Oラインへの照射はおすすめしていないので注意)

家でできるメリットは、好きなだけ肌を冷やせること。レーザー脱毛の痛みは、肌を冷やすことで(感覚を麻痺させることで)軽減できる。保冷剤でかなり冷やしまくってから照射していたので、VIOゾーンでも怖さを感じるような痛みはなかった。じんわり熱くて部分的にチクっとするという感じ(広範囲に照射する広いヘッドを使っていたから)。さすがにIラインのキワまでは怖くて照射できなかったけど。

エステ脱毛は出力ももう少し高いだろうし、冷却ジェルや冷却ヘッドなど、気休め程度のクーリングしかしてくれないと思うから、もっと痛いと思う。

医療レーザーのVIO脱毛の痛み

ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)の痛み

医療レーザー脱毛機はいろいろと種類があるけど(効果はどれも同じ)、VIO脱毛に使われることが多いのは、ライトシェアデュエットという機種。私の通う女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』でも導入されている。

ここまで読ませておいてだけど、痛みの出やすい部位や痛みの程度は個人差が大きいので、人の意見は参考にならない。ふーん、と思う程度にしておいてほしいのだけど、私の場合、VラインとOラインとIラインの外側(太もも寄り)はほぼ無痛で、Iライン内側が痛い、というパターン。まあIラインは色素沈着があるので一番痛いというのはみんな共通かもしれない。

ライトシェアデュエットでのIライン脱毛の痛みを表現すると、刺すような痛み。レーザー脱毛の痛みはよく「輪ゴムで弾いたような」と表現されることが多いけど、だったらこの一番痛かったときの痛みは、かなり長い輪ゴムを思い切り引っ張ってバチーンと打たれたくらいの痛み。

ちなみにVIO脱毛には、『湘南美容外科クリニック』などで導入されているジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)という医療レーザー脱毛機もよく使われる。

よく、「ライトシェアデュエットの方が痛みを感じにくい。なぜなら照射部位を吸引して皮膚を引っ張った状態で照射するから・・・」と説明されていることがあるけど、それは手足など広い範囲の照射に使うヘッドの場合。VIO脱毛に使われる狭いヘッド(9mm角)の方は関係ない。痛みを緩和する冷却装置はどちらにもついている。

私は全身脱毛でジェントルレーズを体験したことがあるけど、同じショット式なので痛み方にあまり違いはないように思う。痛みの感じ方は少し違うかもしれないけど、痛みの程度はたぶん同じ。というか比べられないと思う。ある程度越したら、痛みを感じている最中に「いや〜でもあっちよりは痛くないし」なんて思う余裕はない。

メディオスターNeXT(ダイオードレーザー)の痛み

メディオスターNeXT蓄熱式というタイプ。ショット式が1点集中でエネルギーを入れるのに対し、蓄熱式は広範囲に弱いエネルギーを入れるという感じ。同じ箇所をぐりぐり6回ほど滑らせる。ソプラノアイスという機種も蓄熱式だけどメディオスターNeXTの方が最新。「痛いというよりじんわり熱い」とよく言われる。いいじゃ〜んと思うけど、しかしこれが曲者で。

私はメディオスターNeXTでもVIO脱毛を体験したことがある。結論から言うと痛かった。ただ、痛みの感じ方がライトシェアデュエットとは全然違う

確かにVラインの上の方は無痛だったけど(ライトシェアデュエットでもそれは同じ)、Vライン下〜Iライン上とOラインの照射のときに、焼けるような熱い痛みを感じた。(Iラインは1回目でかなり毛量が減ったからか、今回は全く痛くなかった。)

なんか熱いな、いや痛い気がする・・・わかりかねて不安を感じていると急に熱つつっ(痛たたっ)という感覚がやってくるという感じ。そのタイミングがはかれないのが怖かった。ライトシェアデュエットのようにショット式なら、瞬間的な痛みがリズミカルにやってくるので、それに呼吸や力むタイミングを合わせられて、気持ちがラクだった。痛みはどっちもどっちだけど、私はショット式の方が好みだなと思った。

でも捨てがたいと思うのは、施術スピードが早いこと。VIO脱毛はショット式の機械でも照射自体は10分程度で済むのだけど、メディオスターNeXTはもっと早い。終わってみるとあっけない感じ。

ちなみにメディオスターNeXTは、背中や太ももなど照射範囲が広い部位や、細い毛の多い部位に向いていると言われる。ライトシェアデュエットも産毛に効果があると言われるけど、メディオスターNeXTはより波長が長いため、産毛などの細い毛には一番効果があるようだ。照射口が少し大きめで、広範囲を滑らせて照射するタイプなので、細かい形状のVIOゾーンには向いていないとする医師もいる。

こわいな〜と思った人に、ここでいくつか朗報

本当に痛いのは最初だけ

医療脱毛は効果が高いので、1回ごとに毛量が減る。次に生えてくる毛もだんだん細くなってくる(レーザーが効きやすい太い毛から先になくなるということもある)。それに伴い痛みは軽くなっていく。私も最も痛かったIラインの痛みは、2回目からは拍子抜けするくらい平気だった(個人差アリ)。

また、VIOゾーンは敏感なエリアなので、最終的にもそれほど出力を上げられない。なので回を追うごとに出力が上がって痛みが増していく心配もあまりない。毎回看護師さんが照射テストで痛みをチェックしてくれるので、痛ければ我慢せず出力を下げてもらえばいい。

効果が早いから我慢できる

これが一番。医療脱毛は効果が毎回目に見えるから、次もがんばろうと前向きな気持ちになれる。

割とすぐ終わる

私の場合、本当に痛かったのはIライン内側だけで、ものの2分程度のできごと。すぐ終わる。そして終わった後は不思議と痛みを忘れている。クリニックでは照射後のクーリングや炎症止めケアを丁寧にやってくれるので、痛みが尾を引くことはなかった。

麻酔もある

湘南美容外科クリニックでは笑気麻酔(酔っ払ったような感じになる)と麻酔クリームの用意がある。他のクリニックでも事前にお願いすれば麻酔クリームを処方してもらえる。湘南美容外科のお姉さんによると、VIO脱毛は笑気麻酔の方が効くかも、とのことだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加