VIO脱毛のメリットとデメリット【体験談】

VIO脱毛をしようかどうか迷っている人へ、実際に体験した私が感じるメリットとデメリットを紹介したい。

VIO脱毛のメリットとデメリット【体験談】

VIO脱毛のメリット・してよかったこと

メリット1:デリケートゾーンを清潔に保てる

毛がないので蒸れにくい。吸湿&放湿力の高いコットンのショーツを履いていると気持ちいい。かゆみやかぶれの症状に悩まされることもなくなった。

メリット2:においが気にならなくなる

実はアンダーヘアはデリケートゾーンのにおいの一因。毛に汗や排泄物や経血が絡みついてにおいが広がってしまうから。毛がないとにおいの原因もなくせる上に、トイレの度にビデで洗いやすく、拭き取りやすくなるので、いつでも清潔&無臭でいられる。

メリット3:生理中も快適

生理中のナプキンによる蒸れも軽減される。毛に経血が絡みついてにおいが広がることもないので安心。外出先のトイレでビデが使えないときも、ウェットティッシュで拭き取りやすい状態なので、いつでもリフレッシュできる。夏場の生理でも今は快適に過ごせる。

メリット4:自己処理のストレスから解放される

アンダーへアは他の部位に比べて、毛が根深く強く生えているので、自己処理のトラブルが絶えない。毛の流れに逆らって剃ったり、毛抜きやワックスで抜くと、炎症を起こして化膿したり、埋没毛(毛が皮膚に埋もれる)の原因になる。

さらに、剃ったり抜いたりする刺激がメラニン色素を活性化させてしまい、黒ずみの原因にもなる。自己処理すればするほど、肌がボロボロになってしまう悪循環。

だから自己処理している人は、絶対脱毛してしまった方がいい。急なお誘いにも慌てなくなるし、旅行先でもラク。

メリット5:かわいい下着・水着・ボトムスを選びたい放題

これまではアンダーヘアのハミ毛や量を気にして、ボクサータイプのショーツばかり選んでいたし、ローライズのパンツはVライン上部の毛がはみ出すのが怖くて着れなかった。競泳用の水着ですらハミ毛が怖くて着れなかった。

今はローライズのショーツやパンツ、レースのショーツ、ビキニなど何でも気にせず買える。デザインだけで選べるのがうれしい。

メリット6:下着姿で部屋を歩いても様になる

お風呂上がりとか、ショーツ一枚で上から大きめのシャツやスエットをはおって部屋を歩きまわっても、ハミ毛を(彼氏などに)見られて引かれるというリスクがない。

メリット7:気持ちがオープンになる

お風呂あがり、鏡でキレイになったアンダーヘアを見る度にいい気分。コンプレックスがなくなって、気持ちも開放的に。積極的に恋愛を楽しめる気がする。

メリット8:保湿・美白ケアしやすい

毛がなくなるのでスキンケアのついでにデリケートゾーンにもローションやクリームを塗ったりできる。肌を潤わせておくだけでも、メラニンを抑制し、ターンオーバーを促進させられるので、美白効果につながる。

メリット9:部屋に落ちてる陰毛を見なくて済む

掃除してもしても何故か出てくる陰毛。あれが本当に嫌だった。洗濯物についていたり、来客に見られたり・・・。Vラインの毛は残しているけど量が少ないし、全照射効果で薄く細くなっているので、今は快適。

VIO脱毛のデメリット

デメリット1:最初は痛い

やってしまって後悔することはないのだけど、初回の照射のとき、Iラインが痛くて、「やらなきゃよかった・・・」とは思った。

私の場合は医療脱毛(脱毛機はライトシェアデュエット)で体験した。ライトシェアデュエットは比較的痛みが少ないと言われているけど、初回のIラインはさすがに痛かった。でもVライン・Oラインはチクっとする程度で余裕だった。

毛量が減るにつれ痛みは軽くなっていくもので、私の場合は2回目以降からIラインも余裕になった。

痛みの程度や感じ方には個人差があるけど、多くの人は、最初の1〜3回目に痛みを感じやすく、特に色素沈着しているIラインに痛みを感じる人が多い。

でもクリニックなら麻酔クリームや笑気ガスも3000円程度で利用できるから、痛みが出やすい最初だけ利用するのもいいと思う。

それに、どんなに痛くても、オシャレな水着を着てハワイのビーチにいる自分を想像すれば、乗りきれる。

デメリット2:10万円くらいの出費

VIO脱毛は、色素沈着してレーザーが効きづらいIラインの毛が特にしぶとくて、完全につるつるにするには医療脱毛でも8〜10回は見た方がいい。

なので医療脱毛では、8回・9回くらいのコースが一番人気。相場は15〜20万円くらいだけど、このブログでおすすめしているアリシアクリニック湘南美容外科クリニックは安くて、10万円前後。その出費の覚悟はいる。

でも特に若い子に伝えたいのは、10万円で服を買ったりバッグを買ったりハワイに行くくらいなら、VIO脱毛をした方が絶対に!将来への大きな投資になる! 恋愛ももっと楽しめる!ハワイはいつでも行けるから。

ちなみに私は飲みに行く回数を減らすことにして、約10万円を一括払いしたけど、医療ローンを利用すれば、月々3000円程度の分割払いにもできる(アリシアクリニックなら金利手数料を10回分負担してもらえるのでオトク)。

ちなみにエステ脱毛だと、同じ効果を出すには20回くらい通う覚悟が必要。値段は安くても15〜20万円程度。医療より高い。キャンペーンで半額になったとしても、そもそも医療と違って永久脱毛効果がないので、何年か後にまた生えてくることが多い。時間とお金のムダになるので、よほどの事情がない限り、医療脱毛をおすすめする。

デメリット3:Vラインが生えそろうまで人目に触れたくない

Vラインの毛量を減らして薄くするために、医療脱毛の場合、1〜3回程度の全照射をするというやり方がある。全照射後、毛が見た目に自然に生えそろうまでには3〜4ヶ月程度かかる。1〜2ヶ月目あたりだと、まだ毛がまばらでショボい見た目になるので、あまり人目に触れたくない。

なので、温泉旅行などに行く際は最低3ヶ月前には照射を済ませておきたい。全照射の工程が終わるまでは、そういうタイミング調整が必要になる。(それか生理ということにして部屋のお風呂で済ませるしかない。)

彼氏に内緒でやりたい人は、Vライン全照射はしづらい。実は彼氏と別れたタイミングがVIO脱毛の一番の始めどき。

デメリット4:おしっこが太ももをつたう(2ヶ月目には解消)

Iラインの毛があるときは、おしっこが毛をつたって下に落ちていたので、Iラインの毛をなくすと、おしっこが太ももにつたってしまう。

最初は、「うわ、これは不便」と思った。

でも大丈夫。少し前かがみになってすれば、まっすぐ下に落ちてくれる。

それに2ヶ月後くらいには、何にも意識しなくても、つたわなくなった。デリケートゾーンの形状が毛がない状態に対応したのかな。気づいたら。特に前かがみにならなくても大丈夫になっていた。

もともと毛には、汗をつたわせて上手に排出するという役割があるらしい。といってもイマドキ、そんな理由でワキや手足の毛をボーボーに生やしている女性はいないと思う。

アンダーヘアも同じで、なきゃないで大丈夫。

以上、私が感じるVIO脱毛のメリットとデメリットをまとめてみた。

結論から言えば後悔はまったくない。

VIO脱毛をした人みんなが言うのは「もっと早くやっておけばよかった!!」ということ。

私も本当にそう思った。でも何歳からでも遅いことはない。私の通うアリシアクリニックでも、VIO脱毛の客層は10代から60代と幅広い。年を重ねるほどに、細部のケアを大事にしている人が輝く。味を持ったら、まずは無料カウンセリングで詳しい話を聞いてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加