VIO脱毛の照射間隔と理想的な予約の取り方

レーザー脱毛は、一度照射したら、次に毛が生えそろうまで間隔を空ける。成長期の毛が少ない状態で照射しても、ムダ打ちになってしまうから。効率的に脱毛するには、照射間隔をしっかり空けることが大事。VIO脱毛の場合は、どのくらいの照射間隔を空けるといいのか。

VIO脱毛の照射間隔と理想的な予約の取り方

VIO脱毛の照射間隔

毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返して生え変わる。

毛周期

レーザーは毛根の黒い色に反応するので、成長期の毛にしか効かない。成長期の毛は全体の20%程度と言われるので、一度に照射できるのはMAX20%程度の毛ということ。

また、照射した後、毛が大体生えそろうまでは、アンダーヘアの場合は3〜4ヶ月程度かかる(部位によって目安が異なる)。このことを考慮して、照射間隔を3〜4ヶ月程度空けることをおすすめされることが多い。

VIO脱毛の照射間隔はだんだん長くなる

他の部位でもそうだけど、照射を繰り返していくと、毛が生えそろうのに長く時間がかかるようになる。当初は3ヶ月おきに照射していたのが、回を重ねるごとに4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月・・・と空いていく場合もある。

ただし、毛周期や毛の状態には個人差がある。ずっと3ヶ月おきの間隔でいい人もいるかもしれない。クリニックの対応も、毛の状態を見て適切な照射間隔をアドバイスしてくれるところもあれば、回に関係なく「○ヶ月以上は空けてください」としか言われない場合もある。

施術後の次の予約を取らないといけないクリニックも多いけど、理想的には、「生えそろったな」と思ったときに予約を取るのがベスト

「毛周期を無視したレーザー脱毛」というのは現状ない

次世代の医療レーザー脱毛機として注目を集めるメディオスターNeXTは、毛根(毛を作り出す毛乳頭や毛母細胞)&バルジ領域(新しく「毛の司令塔」として発見された細胞)の両方をアタックできるレーザーを出すことで、より効果的な永久脱毛を実現するというもの。

メディオスターNeXT

バルジ領域

これを導入するクリニックの中には、「従来の毛根を狙ったレーザー脱毛と違いバルジ領域を狙うので、毛周期を無視した短期間での脱毛が可能」と謳うところもあるけど、それには異を唱える医師も多い。

結局、このメディオスターNeXTも、毛根の黒い色にレーザーを反応させるしくみ。それによって周辺にあるバルジ領域にもアタックするということなので、毛周期に合わせて照射しないといけないのは従来と同じ。

バルジ領域だけを効率的にアタックする脱毛方法ではないので、今のところは従来の医療レーザー脱毛機に「より永久脱毛効果がプラスされたかも」という感じなのかなと思う。もちろん従来の医療レーザー脱毛機も永久脱毛効果が認められたものだし、必要な回数・期間も変わらない。

個人的には、メディオスターNeXTは蓄熱式(1点集中で高いエネルギーを入れるショット式に対し、弱いエネルギーを広範囲に入れるイメージ)ということで、「痛みが少ない」「施術スピードが早い」というメリットの方が魅力に感じる。

ただし痛みに関しても、VIO脱毛の場合は「微妙」という感想(→参考記事:メディオスターNeXTのVIO脱毛の痛み・効果【体験談】)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加