同じVIO脱毛でも病院によってこんな違いがある

VIO脱毛は、病院によってやり方や方針が全然違ったりする。どんな違いがあるか知っておくと、病院選びの際に役立つと思う。

同じVIO脱毛でも病院によってこんな違いがある

VIO脱毛 病院による違い【1】
料金体系

プラン料金の違い

医療レーザーによるVIO脱毛の料金は、標準を8回セットとすると、安いところで10万円前後、高いところでは25〜30万円程度、芸能人が通うような高級クリニックだと50〜60万円程度するところも。効果が違うわけではなく、それぞれの病院の考える妥当な料金ということ。

追加料金の違い

病院によっては、診察料・薬代(炎症止めなど)・キャンセル料・シェービング料などが発生することもある。料金を比較する際は、こうした追加料金も含めて考えよう。

VIO脱毛 病院による違い【2】
医療レーザー脱毛機

VIO脱毛でよく使われるのは以下の4種類。

機種名 レーザーの種類 照射方式 波長の長さ
ジェントルレーズ アレキサンドライトレーザー ショット式 755nm
ライトシェアデュエット ダイオードレーザー ショット式 800nm
ソプラノアイス ダイオードレーザー 蓄熱式 810nm
メディオスターNeXT ダイオードレーザー 蓄熱式 810nm/940nm

脱毛効果はどれも同じ

気になる痛みの程度は、VIO脱毛に関してはある程度は避けられないので、どっちもどっちな気も。でもショット式と蓄熱式では痛みの感じ方が違う。それは好みが分かれそう。

それと、VIO脱毛は入り組んだエリアなので、照射範囲が狭い&角状の照射口の方が、打ち漏れしにくいと思う。

個人的にはそれらを総合すると、ライトシェアデュエットがVIO脱毛には最適だと思う。詳しくは下記の記事を見てほしい。

≫ 医療脱毛機器4つを徹底比較!私がVIO脱毛におすすめしたい機種とその理由

VIO脱毛 病院による違い【3】
照射範囲

同じVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)でも、病院によって照射範囲は微妙に異なる。

特に気をつけたいのは、「Vラインを全照射してくれるか」「デリケートなIライン中央部分まで照射してくれるか」「足の付け根周辺まで照射してくれるか」という点。

Vラインの全照射は、全部つるつるにしたい人だけでなく、量を減らして薄くしたい人にも重要なポイント。Iラインは完全につるつるにしたいのか、外側だけなくせればいいのかを考えよう。VラインやIラインの毛が、足の付け根周辺まで広がっている人は要注意。

詳しくは下記の記事でご確認を。

≫ クリニック別 VIO脱毛の照射範囲の違い【一覧】

VIO脱毛 病院による違い【4】
回数や照射間隔の目安

回数も照射間隔も自分で決めればいいのだけど、病院によって言うことが違ったりするので、万一間違ったことを教えられても、自分の方針を伝えられるようにしておこう、という話。目安にしたい回数・照射間隔は以下のとおり。

VIO脱毛の脱毛完了までの回数の目安(医療レーザーの場合)

  • Vライン:5〜7回程度
  • Iライン:8〜10回程度
  • Oライン:毛量による(日本人女性は少ない人が多いので、Iラインほどはかからない)

完全につるつるにしたい場合だとこうなるけど、薄くしたい程度なら医療脱毛なら3回目の照射後から、明らかに毛量が減り、毛質が細くなったことを実感するので、3回でも十分。

なお、「5回で満足できる状態に」というクリニックもあるけど、5回ではつるつるにはならなくて結局追加する人が多いので、自分の希望する仕上がり状態も考えておこう

VIO脱毛の照射間隔の目安

3ヶ月〜4ヶ月程度

VIOの毛周期に合わせるとこれくらい。また、回を重ねるごとに毛の生えそろうスピードは遅くなるので、照射間隔はだんだん長くなっていく。後半や終わりかけは半年に1回でいいくらいになることも。

VIO脱毛 病院による違い【5】
予約の取り方/予約の取りやすさ

予約の取り方の違い

多くの人気クリニックは効率化のため、施術後の帰り際に受付で次の予約を入れる、というシステム。つい予約を取るのを忘れてしまう人にはこっちの方がラク。でも、先々まで予約が埋まってしまいがちというデメリットも。

リゼクリニックでは、予約を取りたい日の1ヶ月前から予約受付を解禁するというシステムをとっていて、これだとみんな平等に取れる。けど土日の予約などは争奪戦になるので、その解禁日の時間帯にスタンバイしてないといけない、というわずらわしさも。

それ以外の、そこまで予約が殺到しないクリニックでは(地方の皮膚科など)、次に来たいタイミングで予約を取ってください、という感じ。

予約の取りやすさ

湘南美容外科クリニックやアリシアクリニックのような人気クリニックは、予約が埋まりがちだけど、院数も多いので、今のところ、予約が取りづらいということはない。

私の通うアリシアクリニックでは、最低3ヶ月の照射間隔を空けることになっているけど、ちょうど3ヶ月後の予約が取れる状態。最近ますます院数も増えているので安心。

湘南美容外科クリニックでは、平日は2〜3ヶ月先、土日は3〜4ヶ月先という状況らしいから、問題ないと思う。

キャンセル&予約の取り直しのしやすさ

VIO脱毛は「生理中、経血がしたたっている状態では照射できません」というクリニックがほとんど。湘南美容外科ではタンポンを入れればOKだけど、生理中は肌が敏感で痛みを感じやすいので、ちょっとやめておきたい。

生理周期が不安定で、予測して予約を入れることができない場合は、アリシアクリニックのようにキャンセル料0円のところがおすすめ。キャンセル料0円なのでキャンセルが入ることが多く、電話すれば直近の全院の空き状況を教えてもらえるので、予約の取り直しがスムーズに行えるという利点も。

参考記事:アリシアクリニックはキャンセル料0円だから予約が取りやすい

以上、病院によるVIO脱毛のいろいろな違いについて解説した。

私は最終的にアリシアクリニックに決めたけど、単純にプラン料金の安さだけで決めると後悔することもあるので、総合的に見ることをおすすめしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加