VIOとは、どこのこと? イラストで解説

今、脱毛サロンやクリニックで一番人気があるVIO脱毛。でもVIOとは?どこを指すの? イラストでくわしく見てみよう。

VIOは「ぶいあいおー」と呼ぶ

VIOは「ぶいあいおー」と読む。「ヴィオ」じゃない。Vライン・Iライン・Oラインの3箇所の毛をまとめた呼び方で、デリケートゾーンに生えている毛の総称である。いわゆるアンダーヘア(陰毛)のこと。

毛が生えている場所がV・I・Oの形をしていることに由来

VIOと呼ぶのは、それぞれの毛が生えている場所が、アルファベットの「V」「I」「O」の形に似ているから。

Vライン(ブイライン)とは、どこの場所?

正面から見える部分のアンダーヘア。サロンやクリニックによっては、「Vライン上部」「Vラインサイド」などと細かくメニューが分かれていることがある。

Vライン脱毛

Iライン(アイライン)とは、どこの場所?

股の間の性器周りの毛。Vラインとつながって生えているけど、割れ目のはじまりからをIラインの毛とするところが多い。

Iライン脱毛

Oライン(オーライン)とは、どこの場所?

肛門周りの毛。お尻に挟まったところなので「ヒップ奥」という名称で呼ばれることも。日本人女性だとOラインの毛はそんなに生えていない人も。

Oライン脱毛

VIO脱毛をした状態を「ハイジニーナ」とも言う

VIO脱毛をした状態をハイジニーナとも呼ぶ。

ハイジニーナとは、英語で「衛生」を意味するhygiene(ハイジーン)を元にした造語。造語な上にハイジーナという言い間違いも広まっている。大手エステサロンあたりが、ちょっとオシャレな響きの言葉をつくって流行らせようとした言葉なのかもしれない。

実際、一昔前は聞いたこともなかった言葉だったけれど、今では、ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)は、デリケートゾーンのハミ毛や蒸れ・においなどの不快な悩みを一挙に解消できることから、女性に一番人気のある脱毛メニュー

VIO脱毛するならエステ脱毛より医療レーザーがよい理由

VIO脱毛といえば、『ミュゼプラチナム』のハイジニーナ脱毛が有名。また、最近はハイジニーナ脱毛専門サロンも登場しているけど、エステサロンでの脱毛は次の理由からおすすめできない。

エステサロンの脱毛は永久脱毛効果がない

エステで行われているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)というもの。IPL脱毛やSSC脱毛、ハイパースキン脱毛という呼び方をしているところもあるけど、光やジェルの種類が異なるだけで、すべて同じ光脱毛。

医療レーザー脱毛は、毛を作り出す毛根の周辺組織(毛母細胞や毛乳頭)や、毛の種をまくバルジ領域と呼ばれる細胞を破壊して、永久脱毛を実現するしくみ。

光脱毛の場合はそれらにやんわりとダメージを与えて、一時的な減毛効果を期待するもの。永久脱毛効果はなく、一時的につるつるになっても、何年か後に生えてくることが多い

バルジ領域

コストパフォーマンスでも医療レーザーの勝ち

エステの光脱毛は効果が弱いため、医療レーザー脱毛の約3倍の回数・期間が必要になる。

料金は一見安く見えるけど、必要な回数で計算したトータルコストは、医療脱毛より高くなりがち。

たとえば、低価格で人気のハイジニーナ脱毛専門『ピュウベッロ』というエステサロンの料金は以下のとおり。VIO脱毛はエステだと最低20回程度は通った方がいいと思われる。

  • 12回:95,600円+消費税
  • 15回:128,400円+消費税
  • 18回:143,400円+消費税

一方、VIO脱毛の実績が豊富な『湘南美容外科クリニック』の料金は以下のとおり。医療レーザーによるVIO脱毛なら、9回コースで十分満足できる。

  • 6回コース:60,750円(税込)
  • 9回コース:82,620円(税込)

ご覧のとおり、医療レーザーの方がエステ脱毛より安くて、しかも通う回数・期間も短く済み、永久脱毛効果がある。どちらを選ぶべきかは一目瞭然。

お金と時間をムダにしたくない人には、医療レーザー脱毛がおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加