アンダーヘアがもともと薄い人のように見せる脱毛方法

アンダーヘアの悩みには「範囲が広い」「量が多い」という2つがある。医療レーザーによるVIO脱毛なら、この2つの悩みを解決でき、永遠にお手入れ不要になる。その方法とは?

アンダーヘアがもともと薄い人のように見せる脱毛方法

レーザー脱毛でアンダーヘアの量を減らす方法

アンダーへアの量を減らして薄く見せたいという人は多い。全部つるつるにしなくても、薄くするだけでレースのショーツをオシャレに履きこなせるし、ピタピタしたパンツや水着もスマートに着こなせる。見た目もキレイで、もじゃもじゃした不快感がない。それでいて温泉などでジロジロ見られることもない。医療脱毛でそれを実現する方法を見てみよう。

医療レーザーでは、一度の照射でMAX20%の毛がなくなる

レーザー脱毛は、毛の黒い色に反応して、毛根を破壊することで永久脱毛を実現する。一度の照射ですべての毛がなくなるわけじゃない。レーザーが効くのは成長期の毛だけ。毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返していて、このうち成長期の毛は全体の20%程度

だから一度で毛根を破壊するくらい威力のある医療レーザーでも、最低5回(20%×5回=100%)の照射が必要になる。

1〜3回の全照射でアンダーヘアを薄くする

一度の照射でつるつるになるわけじゃなく、MAXでも全体の20%程度しか減らない。これを利用して、アンダーヘアを薄くするために1〜3回の全照射を行う、というやり方がある。3回もやるとかなり薄くなるので、1〜2回でやめる人もいる。医療脱毛は3回目終了後から明らかに量が減り(ほぼ半減)、毛質も細くなったように感じる(レーザーが効きやすい太い毛から先に抜けて、細い毛が残るということもある)。

アンダーヘアを薄くするための照射計画のコツ

照射間隔は3〜4ヶ月程度、空ける

レーザーは、成長期の毛がないと照射する意味がないので、毛がある程度生えそろうのを待って照射することになる。その間隔は、人によるけど最低でも2ヶ月、一般的には3〜4ヶ月程度が目安。

4ヶ月も待てば、ほぼ生えそろう人が多いと思う。自分の経験からすると、3ヶ月ジャストくらいだともう少し生えそうな雰囲気だった。あくまで人によるけど。

最初に全照射を何回すべきか決めるのではなく、毎回、照射後に毛が十分に生えそろった状態を見て、次に全照射をするか決めればいい

だんだん見た目に慣れてきて「もっと薄く」となりがちだけど、「あともう少し薄くしたい」と思う手前でやめておくのがベストかも。全照射はMAXでも3回まで。やり過ぎには注意。

約20%ずつ減っていくといっても、個人差あるので30%くらい減る人もいるだろうし、その20-30%の毛が必ずしもバランスよく生えているわけではないので、やり過ぎるとまだらに見えてしまうこともある。くれぐれも慎重に。

全照射が終わったら、次は範囲を小さくしていく(形を整えていく)

全照射が終わったら形を整えていく段階に。毛をなくしたい部分だけに照射するので、その部分だけを剃っていくことになる。

このときにVラインやIラインの範囲をどこまで狭めるかを決めることになる。Vラインはちょい残してI・Oラインはつるつるにする人も多い。

残す部分をどんな形にするか、迷っている人も多いと思うけど、この段階で決めればいい。この段階に来た頃には、自分のアンダーヘアを見る機会が増えていて、アンダーヘアがない状態や薄い状態も見慣れていて、形を決めるのにそんなに苦労しないと思う。

なお、正面からの見た目を気にする場合は、Vライン+Iラインの3分の1が見える感じなので、VとIの形はセットで考えた方がいい

※参考記事:ナチュラル派におすすめのVライン&Iラインの形・デザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加