割れ目をさりげなく隠すIラインの脱毛方法

VIO脱毛をする人に一番人気のあるのは「Vラインは残してIOはつるつるに」というパターン。でもこの通りにやると、正面からIラインの割れ目が丸見えに。もっと自然に見せるには、どんなやり方があるの?

正面から見るとIラインが一部丸見えに

Vラインだけ残すと、極端にいえばこういう見た目に。Iラインの割れ目が少し露出してしまい、Vラインの毛が取ってつけたように見えてしまう。

Vラインのみ正面

VラインとIラインの形はセットで考える

そうならないために、Vラインだけ残したい人は、Iラインとのつながりを考えて形を決めよう。具体的には2パターンある。

Vライン+Iライン上3分の1の範囲で形をつくる

Vラインと、Iラインの正面から見える部分(上3分の1くらい)の範囲で形をつくるとこうなる。正面から見ても自然。

Vライン+Iラインの形

自然にすぼめる形にして、残りのIラインをつるつるにすれば、Iラインの衛生面もメリットも得られる。

Vライン&Iラインの形・デザイン

Iラインをうっすら細く残す

Vラインに自然につなげる形で、Iラインを指1本〜2本分くらいの細さで残すというやり方もある。もともとのIラインの毛の生えている範囲は指5本分くらいはあるので、これでもかなりスッキリ感を得られる。

Iラインの形 ツーフィンガー型

アリシアクリニックのVIO脱毛セット(ビューティ)のプランを選べば、Vラインの中央下部とIラインの中央(指1本分くらい)を残して照射するプランなので(値段も全照射よりオトク)、ちょうどいい。

照射担当の人にはテンプレートや蛍光ペンで範囲を伝えると安心

毎回、希望の形を正確に伝えるには、テンプレートを使うとラク。楽天で買えるこちらがおすすめ。Vラインの毛にのせると自然にくっついてくれる。

これだけだと境い目の毛の部分が曖昧になるので、さらに蛍光ペンで境界線を引くと安心。蛍光ペンはレーザーには反応しないので大丈夫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加