VIO脱毛前の自己処理の方法(思った以上に時間がかかるから注意!)

レーザー脱毛をする際は、事前に照射する部位を剃っていかないといけない。脱毛のために、はじめてVIOを全剃りする人もいるだろうけど、思っているより大変なので、きちんと準備しておきたい。

初回は有料シェービングを予約しておくと安心

アンダーヘアの自己処理のリスク

アンダーヘアは太く濃く生えているので、男性のヒゲ剃りのような切れ味のいいカミソリでないと、なかなか刃が進まない。つい力が入ってしまってカミソリ負けしやすい(皮膚を傷つけてしまう)。

カミソリ負けした肌は、角質がはがれて、ヒリヒリして、ひどいときは出血してしまう。化膿して毛のう炎になることも。

自己処理は前日夜か当日朝に行うことになるけど、ヒリヒリが収まらないまま照射すると、痛みが増すし、傷跡が残っていると照射してもらえなくて、中途半端に毛が残ってしまうことも

特にIラインやOラインは、見づらく手が届きにくい部分なので、事故りやすい。何度か照射をしていけば毛量が減り、自己処理はラクになっていくけど、最初の1-2回くらいは、有料でも、クリニックやサロンにシェービングをお願いしてしまった方がラクかなと思う

ある程度は自分でやっておき、どうしても剃れないところだけお願いしてもいいと思う。アリシアクリニックのように、手が届きにくいOラインのシェービングは無料で対応してくれるところもあるので、事前に確認して、無理しないようにしよう。

アンダーヘアの自己処理はとにかく時間がかかる

私が初めてアンダーヘアの自己処理をしたときは、なんと1時間もかかった

Vラインはまだ剃りやすいけど、問題はIライン。鏡越しでは細かい部分が見づらいし、ヒダの内側など、形状が複雑で剃りづらい。

予想外に広い範囲で生えていて(それまで自分のアンダーヘアをじっくり見たことがなかった)、終わった後は疲れてぐったりした。無理に力を入れてしまったので、Iラインはヒリヒリしてしまった。前日夜にシェービングしたのだけど、次の日の照射でIラインがすごく痛かったのは、ヒリヒリのせいもあったかもしれない・・・(2回目は余裕だったから)。

家族と住んでいる人は、お風呂場などでやることになると思うけど、長時間こもることになるかもしれないから注意しよう。

有料シェービングをお願いするなら前もって予約を

クリニックやサロンによっては、シェービングのサービスがある。たいていは有料で500〜2000円程度。時間をあらかじめ確保しないといけないので、後からシェービングを追加しようと思ったり、そり残しの対応を当日依頼しても、断られることがある

私も、はじめての照射のとき、完璧に剃ったつもりがIラインの一部を剃り残してしまい、そのクリニックのルールで「この部分を避けて照射することになりますけど・・・」と言われてしまった。何とか頼み込んで剃ってもらえたけど、前後の予約が埋まっているので、本来は「その分、照射時間が減りますよ」と言われても仕方がない。

なので、照射の予約をする時点で、とりあえずシェービングの予約も入れておいて、うまく自己処理できたらキャンセルしたらいいと思う(シェービングのキャンセル料を取るところってあるのかな?聞いたことないけど)。

アンダーヘアの自己処理の手順

アンダーヘアの自己処理に使う道具

●ハサミ(眉用でOK)

●Vライン専用シェーバー(ヘッドが小さめのT字カミソリ)

●電気シェーバー(顔用など小回りの効くもの)

●大きめの立てられる鏡

●照明

Vラインの自己処理の方法

(1)Vライン専用シェーバーを用意

Vラインの自己処理は、女性向けのVライン専用シェーバーを使うのが一番いいと思う。『シック』の、電動Vライントリマー(毛の長さを揃えるバリカンのようなもの)とVライン専用シェーバーがひとつになったものがおすすめ。

シック クアトロ4フォーウーマン トリムスタイルホルダー (替刃1コ付)


シック ハイドロシルク トリムスタイルホルダー 替刃1コ付

うちの近くのドラッグストアでは売っていないので、バラエティショップで探すかAmazonで買うのがいいと思う。代わりのものを探す場合は、小回りが効く小さめヘッドで、4枚刃・5枚刃などの切れ味のいいT字シェーバーを探そう。男性用のヒゲ剃りコーナーでいいものがあるかもしれない。

(2)ハサミで短くカット

長いまま剃ると刃に毛が絡まってしまう。眉用のハサミや上記の電動Vライントリマーを使ってカットしよう。

(3)毛の流れに沿って剃る(Vラインなら上から下へ)

皮膚を伸ばしながら剃るとキレイに剃れる。逆剃りは皮膚の負担が大きくてカミソリ負けの原因になるので気をつけて。

Iライン・Oラインの自己処理の方法

(1)電気シェーバを用意

Iラインは、カーブが多くてヒダもある複雑な形状をしているので、カミソリでは危険。電気シェーバーを使おう。切れ味は悪いけど、『フェリエ』などの顔用の小回りの効く電気シェーバーが使いやすい。刃はステンレスなので洗えば清潔。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ 白 ES-WF40-W

(2)鏡の前で体育座り&大股開き

床に鏡を立てて、その前で体育座りをして大股開きをすると、よく見える。暗くて見えづらい場合は照明で照らして。

(3)ハサミで短くカット

肌を切らないように注意して。

(4)毛の流れに沿って剃る

同様に皮膚を伸ばしながら慎重に剃る。ヒダの内側まで毛が生えていることがあるので、そこにも照射してほしい場合は見落とさないように。時間をかけて丁寧に。

角質を柔らかくしておくとカミソリ負けしづらいので、前日夜のお風呂上がりのタイミングがおすすめ。ローションやクリームなどで保湿してから剃るとさらにいい。もちろん剃った後の保湿も忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加