VIO脱毛をして後悔するかもしれないこと

「VIO脱毛をして後悔したりしないの?」と心配している人のために、後悔する可能性があることについて考えてみた。

VIO脱毛をして後悔するかもしれないこと

パターン1:VIOを全部つるつるにして後悔

VIO脱毛で一番人気があるのは、Vラインは少し残してI・Oはつるつるにするというパターン。衛生面&ファッション面のメリットは得つつ、温泉や銭湯で人に見られても恥ずかしくない。

だけど、もともとつるつるにする予定じゃなかった人でも、Vラインを薄くするための全照射をすると、一度つるつる状態を体験することになる。すると、あまりに快適で、毛がある状態が不快に思うようになって、全部いっちゃう人もいる。

たいていの人は満足度の方が高いので、後悔はしないと思うけど、男性の意見に左右されるような人だと、「新しい彼氏に引かれてショック」ということが起こるかもしれない。

最近は芸能人やモデルでもハイジニーナ(アンダーヘア全部つるつる)の女性が増えていて、若い人ほど男性の意識も変わってきているので、自分に自信を持っていれば大丈夫だと思うけど。

パターン2:Vラインを薄くしすぎて後悔

Vラインを残す場合、全照射を何度かして、毛量を減らして薄く見せるやり方が人気

医療レーザー脱毛の場合は、だいたい3回目終了後から明らかに毛量が減り、毛が細くなるのを実感する人が多いので、薄くするための全照射はMAX3回を目処におこなう。

でも毛が薄い状態に見慣れてしまって、「もっともっと」とやりすぎると、まだらになってしまう恐れがある。薄くてまだらだとマヌケに見えてしまうので、気をつけたい。

Vライン全照射でまだらになるリスクについて考える
VIO脱毛をする人の中には、Vラインを何度か全照射して毛量を減らし、薄いアンダーヘアに見せたいという人もいる。でも医療脱毛は効果が高い。全照...

パターン3:Iラインをつるつるにして後悔

Iライン脱毛するメリットはたくさんある。

  • デリケートゾーンを清潔に保てる
  • においが気にならなくなる
  • 生理中もすっきり快適
  • 自己処理のストレスから解放される
  • かわいい下着・水着・ボトムスを楽しめる
  • 下着姿で部屋を歩いても様になる
  • 積極的に恋愛を楽しめる
  • 部屋に落ちている陰毛を見なくて済む
  • 美白ケアをしやすくなる

機能的にはメリットしかないので、デメリットがあるとしたらやっぱり他人の目。

特によくあるのが、Vラインだけ残してI・Oをつるつるにした場合、Iラインの割れ目が正面から丸見えになってしまうという事態。ただ、これを防ぐのは簡単で、以下の記事を参考にしてほしい。また、明らかにIライン脱毛したことがバレたくない人の脱毛法についても紹介している。

ナチュラル派におすすめのVライン&Iラインの形・デザイン
VIO脱毛で一番人気があるのは、Vラインを残してIOラインはつるつるにするというパターン。だけど、よりナチュラルに見せるにはIラインの毛も少...

1回や2回やったくらいじゃ後悔しない

医療レーザーの場合、永久脱毛なので、つるつるにしてしまってから後悔するというパターンがあり得ると思う。でも、上記のように、ナチュラル派のVIO脱毛の方法も人気があるし、1回や2回のVIO脱毛でつるつるになってしまうわけではないので、心配しなくても大丈夫。

医療レーザー脱毛は、黒い色(メラニン色素)に吸収されるレーザーを皮膚に照射して、成長期の毛根の黒い色に反応させ、毛を生み出す組織(毛母細胞・毛乳頭)を破壊し、二度と毛を生えてこなくするしくみ。

毛周期

表層に見える成長期の毛は、全体の20%程度なので、一度の照射ではMAXでも20%程度の毛しかなくならないということ。最低でも5回の照射が必要とされている。

VIO脱毛の場合、回数にして8〜10回程度、2年〜2年半程度かけておこなうので、ゆっくり自分好みの形をイメージする時間がある。だから「見切りで始めちゃって後悔・・」ということにはなりにくい。

むしろ体験者から一番聞かれる声は「なんでもっと早くやらなかったんだろう!」という後悔の声。私もそう思った。医療レーザーならそのメリットをすぐに実感できるから、迷っているならぜひ試してみてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加