私がハイジニーナ(VIO脱毛)を始めた理由は、かっこいい50代になりたいから

ハイジニーナ(VIO脱毛)をする女性の動機は様々だと思う。「オシャレな下着やビキニを楽しみたいから」「自己処理が面倒だから」「邪魔だから」「においが気になるから」「彼氏に対して恥ずかしいから」…など。私のきっかけはこういうことだった。

VIOを始めた理由

私がVIO脱毛を始めた理由は「かっこいい50代になりたい」から。

私は今、30代なのだけど、最近よく考えるのは、「かっこいい50代になりたいな」ということ。それで気づいたのが、かっこいいオーラを出している人ほど、細部に手をかけているということ。

年を取ると、それまで若さで誤魔化せていたアラが目立つようになる。美容でもファッションでも言葉遣いでも、人間関係の気の配り方でも、何でもそう。

なぜ40代をすっ飛ばして50代なのかというと、最近かっこいい50-60代の女性を周りで見かけることが多いから。若い子以上に肌にツヤがあって、顔も体が引き締まっていて、話もとてもおもしろい女性によく会う。

若作りしているのとはちょっと違う。プチ整形や高い化粧品で出している不自然な肌ツヤではなく、健康的な生活や魅力的な人格が醸し出す肌ツヤというのがあると思う。ヨガやランニングをしている人たちも多く、若い子よりナイスバディ。あと、彼女たちには清潔感がある。

年を重ねた人が清潔感を出すには、実は努力がいる。体型のたるみとか加齢臭とか物理的なことだけでなく、しぐさや言葉遣いなど日々の過ごし方で差が出る。美容もお金をかけられなければ手をかけないといけないし、ファッションも安い服をただ着るだけでかわいい若い子と違って、自分を魅力的に見せるポイントを押えないといけない。

ムダ毛や指のささくれや肌荒れなど、ちょっとしたことで大きく点数を引かれてしまう。

そう考えると、彼女たちはよほど丁寧な身繕いをしているんだろうなと感じる。でも必死感はなく自然体。自然に毎日のルーティーンにその丁寧さが組み込まれているのだと感じる。

VIO脱毛を始めたら美の連鎖が始まった…!

努力なくしては、かっこいい50代になることはできない。みんな言わないだけで、きれいな人は必ず努力している。そう気づいて、始めようと思ったことのひとつにVIO脱毛があった。なぜかというと…、

●外国の映画やドラマを見ていると50代の女性でもオシャレな下着で部屋を歩いていたり、オシャレな水着を着て泳いでいる。

●海外のリゾートホテルなんか行くと、かっこよく水着を着こなしているシニアも見かける。ホテルのプールでさっと泳いだり、水辺でカクテルを傾けるかっこいいマダムになりたい。

●私といえば、30代の今でもビキニを着る自信がないどころか、ムダ毛を気にして海やプールの誘いはなるべく避けてきた。オシャレなショーツもハミ毛で台無しになるので、履くのはボクサーパンツばかり。

●体力づくりのためにジムのプールに通いたいと思ったこともあったけど、ムダ毛処理も面倒だしな〜と思ってやめていた。吉永小百合さんも毎日プールで泳いでるっていうけど、そんな習慣を身につけられたら素敵だな。

●デリケートゾーンのムダ毛処理をしている姿って情けない。いつまでも続けたくない。

●年を重ねるごとに、髪や爪や唇や瞳のように、細かいパーツをケアすることで、品格を底上げできると思うし、その重要性は年々身にしみてくる。

●今や9割の女性がアンダーヘア処理をしているらしいし、VIO脱毛も当たり前らしい。うっそ〜、知らなかった。今までボーボーなまま過ごしていたのが恥ずかしい…。そういえばジムのお風呂で、みんなアンダーヘアが薄くてキレイだなと思っていたけど、そういうことだったのか!

とまあ、そんなわけでVIO脱毛を始めた。やってみると、どうしてもっと早くやらなかったんだと思うくらい、超快適。毎朝、下着選びに悩まないし、トイレや生理のときも快適。自己処理から解放されるので、突然思い立ってホテルのプールに泳ぎに行くなんてこともできる。気になる匂いの悩みもなくなった。ショーツ一枚にシャツを羽織ってカフェオレの入ったマグカップを持って部屋を歩くというフランス映画ごっこみたいなこともできる。

まだまだ素敵な50代には年齢的にも中身もほど遠いけど、下着選びが変わったことも大きいのか、美意識が底上げされた。不思議なことに立っているときの姿勢も変わった。背筋が自然と伸びる。そうなると目つきも顔つきも変わってくる。美は細部に宿る。そしてすべてが連動している、ということを実感した。やってよかった。本当に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加