脱毛サロンやクリニックの勧誘の実態、上手な断り方

エステサロンといえば「勧誘」、と言われるくらい「勧誘」は長い間、エステサロンの代名詞になっていた。昔はよくあった。安いプランで客を呼び寄せておいて、別室で長〜い話がはじまるみたいなこと、実際にあった。断ると急に冷たい態度を取るというのも常套手段で、泣いて帰ってきた友達もいた。でも今そんなことをしたら商売にならない(はず)・・・。

脱毛サロンやクリニックの勧誘の実態、上手な断り方

脱毛サロンの勧誘の実態

『ミュゼプラチナム』『銀座カラー』のような人気エステサロンでは勧誘が行われることはないみたい。そんなことをしたらすぐに書き込まれて噂が広まる。サロンにとっても、デメリットだからやらないのが得策だろう。

TBCは最近までやっていた

老舗のエステサロン『TBC』は昔から勧誘がすごいと噂だったけど、なんとつい最近もしつこい勧誘をして行政処分を受けたらしい。

詳細はこちら

同社は、エステティック施術の体験目的で来店した消費者に対し、複数の 従業員が入れ替わり立ち替わり勧誘を行い、また、4時間以上の長時間にわたり執拗な勧誘を行うなど、消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を 行っていました。

4時間以上!

これを読んでショックを受けた。まだそんなことやっているエステサロンがあるとは・・・。下のスタッフがこうして必死にやるということは、スタッフ教育や待遇に問題があるということで、経営力に不安を感じてしまう。

何より、気の優しい人につけこむなんて、やめてほしい。

脱毛クリニックの勧誘の実態

脱毛クリニック(美容クリニック)はどうだろうか。

同じように、書き込まれるリスクを考えるとやるメリットが少ないので、勧誘があったという話はほとんど聞かない。

エステサロンとは経営スタイルが違うということもある。エステサロンは価格や規模での競争になりやすいことや、化粧品という利益が大きい&リピート率の高い顧客の数を増やす商売スタイルということもあり、かつては一生懸命勧誘していたんだと思う。

でもクリニックはそういうスタイルじゃない。お医者さんは、医は仁術という言葉があるように、「困っている患者さんのため」という倫理観で学んできている人たちだし(そうでない医師もいるかもしれないけど)、施術の技術や設備で差別化していくもの。

エステサロンの経営者はうまくいかなかったら次の事業、と考えるかもしれないけど、医師の場合は信頼が命。下手なことをしたら医師免許を剥奪されてしまう。

なので、クリニックは比較的まじめで良心的な運営をしているところが多いと思う。

とはいえクリニックでも、医師と経営者が違う場合も多く、ゴリゴリな経営者が関わっている場合もあるだろう。

たとえば、私が以前通っていた激安クリニックでは、有効期間が2年だったけど異常に予約が取れなくて5回しか通えなかった。そんな事情を知らなかったのでクレームしたけど「契約書に書いてありますから」の一点張りだった。経営者に直接クレームすればよかったと今は思うけど、結局そういう低レベルな教育をしているということだから・・・。

なのでクリニックも見極めが大事。ネットで得られる情報は二次情報。信用できないものも多いので、参考程度にとどめつつ、無料カウンセリングで雰囲気を確かめ、疑問・質問をぶつけることで不安を解消しよう。

もし勧誘されたら・・・上手な断り方は?

勧誘まではいかないけど、ちょっとした営業トークでも固まってしまう方は、こんな風に言って逃げるといいと思う。

カウンセリングでのクロージングトークをかわす

「持ち帰って検討していいですか?」

疑問形にすることで柔らかい印象を与えるし、相手も笑顔で「もちろん」と言うしかない。笑顔&毅然とした態度で(持ち帰りますので、という面持ちで)。

「今日契約すれば割引になります」という誘惑には

カウンセリング当日に契約すれば、料金が割引になったり、他のメニューが割引価格になるという特典を紹介されることがある。心が動くし迷うと思うけど、100%納得!という状態でなければ、一度持ち帰った方がいいと思う。

そして契約する気持ちが固まったら、電話で「まだ他と迷っていて、先日の割引を適用していただけるなら、すぐに決められるのですが」とふかしてみてもいい。断られたら1日待って改めて申し込めばいい。

ただし、私の通うアリシアクリニックのように、契約・支払い後でも「やっぱりやーめた」と言えば全額返金を約束してくれるところもあるので、その場合は心配ない。

興味のない他のメニューをおすすめされた

間髪いれず「大丈夫です!」と笑顔で答える。これが一番。何なら「ありがとうございます」と付け加えてもいい。

断りづらいということは、いい人と思われたい気持ちが強いということ。だったら思い切りいい人に徹して断ればいい。相手も自分も気分よくいられる。

以上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加