レーザー脱毛の照射漏れの見分け方と再照射してもらうためにすべきこと

レーザー脱毛後、明らかにまとまった範囲で毛が残っている場合、照射漏れの可能性がある。1回分の脱毛料金を損することになってもったいないから、ちゃんと打ち直してもらおう。でも実は照射漏れじゃなかった、という場合も多い。

この記事では、照射漏れを自分で見分ける方法と再照射までの段取り、主なクリニックの対応、照射漏れを防ぐテクを紹介する。

レーザー脱毛の照射漏れ

実は照射漏れじゃない場合も多い

私の通う女性向け脱毛専門クリニック『アリシアクリニック』に聞いたところ、「照射漏れかも…と相談に来られるお客さまもいらっしゃるが、毛周期の関係で抜け切れなかった毛であることがほとんど」とのこと。

レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果がない。毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返して生え変わっていく。退行期の毛は、見た目には成長期の毛と変わりないけど、抜けかかっている毛なので、レーザーが毛根に届かない。

この、退行期の毛が残っているのを見て、「照射漏れかも」と誤解するケースが多いらしい。それに、成長期の毛であっても、出力が低かった・毛根が根深かったなどの理由で照射できていても毛が抜けない場合もある。たとえばVIO脱毛の場合、過敏なエリアで色素沈着も多いことから、最低レベルの出力でしか照射できない。毛根が根深いエリアでもあるので、何度も照射しないと効果が出ない場合も。

脱毛の照射漏れを見分ける方法・判断基準

クリニックに行けば判定してもらえるけど、自分で見分けるなら以下のような方法がある。

「照射漏れかも」と思う毛を試しに引っ張ってみる

レーザー照射後、通常は早くて翌日〜遅くても3週間程度以内に、レーザーが効いた毛が自然に抜け落ちる。この時期は、お風呂あがりにタオルでこすっただけで抜けたり、衣服や下着に抜けた毛がついていたり、(無理に抜いたらダメだけど)手で軽い力で引っ張るとするっと抜けたりする。

なので、2〜3週間経って「照射漏れかも」と思う毛が残っていたら、手や毛抜きなどを使って弱い力で引っ張ってみよう。するっと抵抗なく抜けたら、レーザーは効いていたけど抜けるのに時間がかかっていただけ、ということ。

なかなか抜けない毛なら、レーザーが効かなかったということ。ただし、退行期の毛であったり、単純にしぶとい毛だから効かなかったという場合もある。照射漏れかどうかは、次の項目を見て判断しよう。

照射漏れの場合、まとまった範囲で毛が残っている

レーザー脱毛は一列ずつ照射していくので、2〜3週間経って一列まるごと毛が残っている場合は、照射漏れである可能性が高い。一つの列を照射中は、ずっと目を離さずに打っているわけだから、1ショット分だけスキップして照射しちゃった、というケースは考えにくい。

VIO脱毛の場合は、照射口のサイズが1円玉サイズだったり(湘南美容外科の「ジェントルレーズ」がそう)、9mm角だったり(アリシアクリニックの「ライトシェアデュエット」がそう)なので、その幅で一列きれいに残っていたら、照射漏れを疑おう。

ちなみに名前を挙げた両院とも、照射漏れを防ぐために細かく重ね打ちしているし、看護師さんのレベルも高いので、通常では起こりえないこと。でもたとえば・・・スタッフの待遇が悪そう&従業員教育が行き届いてなさそうなエステサロンなどだと、結構あり得る。

VIO脱毛の場合は毛の性質上、もともと抜けにくい

VIOゾーンの毛は根深くしぶとい。特に、Vラインの逆三角形の下の頂点のあたり(Iラインの範囲に含まれるかもしれないところ)の毛は、もともと毛量が特に多く密集していて、非常にしぶといエリア。

私も1回目の全照射の後、そのエリアだけ1ヶ月後にはもう元通りっていうくらいにピンポイントに毛量が復活していた。全然効いてないんじゃないの?っていうくらいに。でもそこだけ打ち漏れていたわけではない。そのエリアは特に痛みが出やすい部分でもあり、確実に照射された記憶があるから。このエリアが他と比べて毛が元気に生えてくるというのは、みんなそうらしい。あと、Iラインの割れ目付近あたりも結構しぶといと思う。

照射漏れがあった場合の再照射までの段取り

クリニックに連絡をする

「これって照射漏れかも」と思ったら、すぐにクリニックへ連絡をして再照射の予約を取ろう。時間が経ってしまうと、本当に照射漏れミスなのか新たに生えてきた毛なのか判断できなくなるので、2〜3週間以内を目処に判断・連絡を。(湘南美容外科クリニックは「2週間以内に連絡を」というルールがあるので注意)

大抵のクリニックでは期間内なら無償で再照射をしてくれるはずだけど、念のため契約前の無料カウンセリングで確認しておこう。

照射漏れの部分の毛は剃らないで

照射漏れがあった場合は証拠として見せるために、その部分の毛を剃らずにクリニックやサロンに行くようにしよう。

証拠写真を撮っておく

そこまでやらなくてもいいけど、連絡を忘れて連絡期限を過ぎてしまうこともあるので、照射漏れを見つけたらすぐに証拠写真を撮っておくと安心。スマホカメラやデジカメなら撮影日の記録がデータに残る。万一期限が過ぎた後でも証拠写真を盾にダメもとでクレームすれば、クリニックやサロン側もそもそも自分のミスなので、無下には断りにくいと思う。また、写真があれば、照射漏れした部分を間違えて剃ってしまっても場所がわかるので便利。

レーザー脱毛の照射漏れが起こる原因・防ぐ方法

照射漏れが起こる原因

照射漏れが起こる原因は、ひとえに看護師さん(エステなら施術者)のミス。でもミスが起こりやすい部位というのはある。たとえば顔やVIOやヒザなどがそう。骨ばっていたり、複雑な形状をしているので規則的に打つことが難しい。

また、大きなホクロや色素新着、傷跡、日焼けなどがあった場合、そもそも照射を避けていたという場合もあるかもしれない。その場合は照射時に確認があるからわかるけど。

あとは、下記のように、そもそも照射範囲外の毛だった、というケースもある。

照射漏れを防ぐ方法

「ここまで毛が生えてますよ」アピールをする

たとえばVIO脱毛なら、Vラインの毛が上の方や左右両端まで、広い範囲に生えているという人も。Iラインだと太ももとの境界線まで毛が生えいてる人も。いずれも、剃った後の状態ではどこから毛が始まっているのか看護師さんにはわかりづらいし、本当に打ってくれているか心配。

そこで、蛍光ペンなどでマークしておき、「ここまで毛が生えてますからね!」と照射時に看護師さんに伝えると安心。蛍光ペンならレーザーに反応しないから大丈夫。「そこまでやるの?恥ずかしい・・・」と思うかもしれないけど、割とこのケースの打ち漏れはよくあるので私なら、1回分の照射のお金(1〜数万円)をムダにするくらいなら、やる。割とポピュラーな方法なので別に恥ずかしくもない。

ただ、クリニックやエステによっては、こうした曖昧なエリアの毛は別料金となっていることもある。でも本当に曖昧なエリアだと、看護師さんの判断になるだろうから、「ここの毛もよろしくね」とうざいくらいにアピールしておくにこしたことはない。

照射漏れへの主なクリニックの対応

湘南美容外科クリニック

2週間以内に連絡。

アリシアクリニック

2〜3週間以内を目処に連絡(はっきりした期限は言われなかった)。

リゼクリニック

4週間以内に連絡。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加