埋もれ毛(埋没毛)で悩んでいるなら医療レーザー脱毛で解決

埋もれ毛(埋没毛)というのは、毛が皮膚で覆われてしまうこと。皮膚の中で毛が伸びてきて、黒くポツポツした鳥肌みたいになって気持ち悪い、あれのこと。

埋もれ毛(埋没毛)は無理な自己処理が原因

埋もれ毛(埋没毛)は主にムダ毛の自己処理が原因深剃りしたり、毛の流れと逆方向に剃ったり、毛抜きやブラジリアンワックスで毛を抜いたり、つまり肌を痛めつけるような自己処理をするとなりやすい。皮膚は治ろうとして、皮膚を再生させる。結果、毛穴の上の皮膚がふさがってしまい、毛が皮膚内で成長してしまう。

針で皮膚に穴を開けたり、切ったりして治そうとする人もいるけど、高確率で炎症を起こすし、傷跡がシミになって残りやすいので、やめた方がいい。

埋もれ毛(埋没毛)のできやすい場所に注意

毛が強く深く生えている場所に特にできやすい。ワキ、VIO、ヒゲ、膝小僧など

埋もれ毛(埋没毛)を防ぐにはどうすれば?

ひとつは、毛抜き・ブラジリアンワックスなどで毛を抜くのをやめること。上記のエリアの毛は特に、毛が抜けた後に大きな空洞ができ、そこに菌が入って炎症を起こしたり、埋もれ毛ができやすい。

もうひとつは、シェービング前に、角質を柔らかい状態にしておくこと。具体的にはローションやクリームを塗って保湿すること。成分としてはセラミド配合のものがおすすめ。肌もつるすべになって一石二鳥。

埋もれ毛(埋没毛)ができたら、どうやって治すのか

基本的には放置して自然に治るのを待つのがいいけど、気になるなら以下の方法がある。

スクラブで角質を取り除く

ボディスクラブで弱くこすり、角質を取り除いてみよう。皮膚を薄くするので、やり過ぎは注意。ピーリングローションやピーリング石鹸という手もあるけど、成分がとても強く、肌が敏感な人だと赤くかぶれることも多いので、やめた方が無難。

皮膚科で取り出してもらう

皮膚科に行けば1本ずつ抜いてもらうことができる。

医療レーザー脱毛で自己処理から卒業するのが一番

ワキ・VIO・ヒザなど埋没毛ができやすいエリアは特に、自己処理を繰り返して肌がボロボロになる前に、医療レーザー脱毛で永久脱毛を済ませるのがおすすめ。

埋没毛がある状態でも、レーザーは皮膚を通過するので、脱毛効果は得られる。日が経てば自然と皮膚が薄くなって、中の脱毛された毛が抜け落ちていく。私も膝の埋没毛はそれで解消できた。

ただし、クリニックによって、毛を取り出してから照射してくれるところもあれば、対応できないとするところもあるので、事前に確認を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加