Iライン脱毛が痛い理由・痛みを軽くする方法

VIO脱毛は痛いと言われるけど、私の体験では、Iラインだけ我慢すればあとは大したことはない。一般的にもIラインはもっとも痛みを感じやすい人が多い。どうしてIラインは痛いのか、痛みを軽くする方法はないのか、見てみよう。

Iライン脱毛が痛い理由・痛みを軽くする方法

Iライン脱毛が痛い理由

毛が根深く強く、皮膚が敏感なエリアだから

VIOは他の部位に比べて毛が根深く強く生えているので、脱毛の痛みを感じやすい。中でも、Iラインは皮膚が敏感なエリアということもあり、もっとも痛みを感じやすい。

外側(大陰唇)はまだ大丈夫なのだけど(私はほぼ無痛だった)、内側(小陰唇=ヒダになっている部分)にかけて特に痛みが強くなりやすい

Iラインの粘膜ってどこ?

色素沈着があるから

Iラインは色素沈着があって黒ずんでいる部分。脱毛のレーザーの光は、黒い色(メラニン色素)に反応して熱エネルギーに変わるので、皮膚が黒ずんでいると痛みを感じやすい

Iライン脱毛の痛みを軽くする方法

比較的痛みの少ない医療レーザー脱毛機を選ぶ

医療レーザー脱毛機にはいくつか種類があって、クリニックによって導入している機種が異なる。一般的に以下の順で痛みが少ないと言われている。

  • メディオスターNeXT=ソプラノアイス
  • ライトシェアデュエット
  • ジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)

いずれも冷却装置付きで、照射部位を冷やすことで痛みを和らげる効果がある。

メディオスターNeXTやソプラノアイスは、蓄熱式といって、同じ箇所を何度か滑らせるように照射する方式。ライトシェアデュエットやジェントルレーズはショット式。

ショット式が1点集中で高いエネルギーを入れるのに対し、ショット式は広範囲に弱いエネルギーを入れるようなイメージ。だから、「痛みが少ない」「スピーディに終わる」ということが言われている。

でも、VIO脱毛でメディオスターNeXTとライトシェアデュエットを試してみたけど、「痛いときはどちらも痛いな」という感じ。痛みの感じ方は、ショット式が瞬間的に刺すような痛みであるのに対し、蓄熱式はじゅわ〜っと熱さ&痛みが広がる感じで、好みが分かれそう。

私はショット式の方が好みで、VIOのように細かいエリアを打ち漏れなく照射できるという点でもライトシェアデュエット(照射口が9mmの角状)が一番だと思っているけど、人によっては蓄熱式がラクという人もいる。また、VIO脱毛はもともと照射時間が短いけれど、蓄熱式はさらに早く終わるというのもメリット。

麻酔を利用する

VIO脱毛で利用されることが多いのは、麻酔クリームや笑気ガス

麻酔クリームは照射の1時間くらい前に塗って、皮膚の感覚を麻痺させるもの。効果に関する意見は分かれる。もちろん効果がないわけではないと思うけど、ある程度の痛みを超えると効いているのか効いてないのかわからなくなるのかも。

湘南美容外科の看護師さんは、VIO脱毛なら笑気ガスの方が効くかも、と言っていた。笑気ガスとは、口にマスクをあててガスを吸うと、酔っ払ったようなリラックス状態になるもの。

いずれも3,000円くらいで利用できる。

Iライン内側までは照射しない

ショーツのラインから指1本内側くらいまでを脱毛するくらいなら、皮膚の色も比較的白いし、そこまでの痛みを感じずに済むと思う。私もIラインの外側は余裕だった。ハミ毛をなくしたいだけなら、その辺りで十分。

Iラインの痛みはだんだん軽くなっていく

医療脱毛は、3回目から見た目に明らかに毛量が減り、毛が細くなるのを実感する人が多い。毛が減ると、痛みを感じるポイントが減るので、痛みも軽くなる。「痛いのは1〜3回目くらいまで」という人が多いのは、その理由。

レーザーの出力も、Iラインの場合は危険なので、ほとんど最後まで出力を上げない。なので回を追うごとに出力が上がって痛みが増す、ということも少ない。

私の場合、1回目の時点で結構毛が減ったので、2回目のIライン照射は余裕だった。

もちろん痛みの程度や感じ方には個人差が大きいので、あくまでも参考程度に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加