ハイジーナ脱毛すると着られるかわいい下着&水着

オシャレな下着や水着は概して小さい。デカパンなどありえない。アンダーヘアの処理をしなければ、毛がはみ出ること必至だし、気づいてないかもしれないけど後ろからも結構はみ出している。毛量が多くてこんもりしてしまうのも恥ずかしい。かといって自己処理をするのも大変なエリア。

というわけで今、オシャレな女性はハイジニーナ脱毛をしている人が多い。

ハイジニーナ脱毛とは?

ハイジニーナとは、アンダーヘアをつるつるに脱毛した状態。英語で「衛生」を意味する”hygiene(ハイジーン)”を語源とした和製英語。

もともと欧米では衛生やエチケットのために、男女ともアンダーヘアを処理するのが常識。ヨーロッパに渡った日本のサッカー選手(香川選手など)も、あちらのマナーに従って、全部つるつるにしていると公言している。イスラム圏では宗教的マナーのひとつ。

ハイジニーナと同じ意味で「ブラジリアン」という言葉もある。サンバの衣装みたいな、露出の多い水着をブラジリアンビキニとか言ったりするのが元。

海外では、アンダーヘアの方法はワックスが主流で、「ブラジリアンワックス」といい、専門のサロンが街中にたくさんある。

2000年代になって、海外の人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、主人公のキャリーがブラジリアンワックスのお店で脱毛しているシーンが放映され、日本でも「アンダーヘアをワックスで脱毛するの?」「全部つるつるにするの?」「海外では美容院とかネイルサロンに通うみたいに当たり前のことなの?」と話題に。

それまでは「ビキニライン脱毛」といってVラインの脱毛しかなかったのだけど、2008年ごろからエステサロンの大手『ミュゼプラチナム』などが「ハイジニーナ脱毛」を始めて、アンダーヘアのレーザー脱毛がブームに。

他のサロンが追随し、最近はより効果が高く安全な医療脱毛を提供するクリニックでもハイジニーナ脱毛をやるところが増え、どこのサロンやクリニックでも今、一番人気があるメニューに。

別名、VIO脱毛とも言い(V=正面から見えるアンダーヘア、I=股の下、O=肛門周り)、そちらの呼び名もよく使われる。

ハイジニーナ脱毛をすればこんなかわいい下着や水着を着られる!

女性のデリケートゾーンはその構造上、どうしても尿や汗、経血などで汚れが留まりやすく、においやすいという悩みがあった。ハイジニーナ脱毛には、蒸れない・におわない・生理のときも快適という衛生的なメリットが大きいのだけど、もちろんオシャレの目的もある。

ローライズでコンパクトなかわいい下着や水着を、アンダーヘア何も処理していない状態で着ると、Vライン上部&サイド、Iライン、後ろから見たときのOラインの毛が、高確率ではみ出してしまう。毛量によるこんもり感も恥ずかしい(バレエや体操、フィギュアスケートの選手を見ていると、早くからハイジニーナ脱毛をしている人が多いんじゃないかと思う)。

ハイジニーナ脱毛をすれば、たとえばこんなかわいい下着や水着を着ることができる。











ハイジニーナ脱毛する前だったら、かわいい!と思っても絶対手が伸びなかったと思う。アンダーヘアはシェーバーで剃っても剃り跡が目立つし、ブラジリアンワックスなんて痛みに弱い&皮膚が弱い私には無理。レーザーで脱毛してよかった。

ハイジニーナ脱毛はクリニックの医療脱毛が早くて安くておすすめ

ハイジニーナ脱毛をするなら、クリニックの医療脱毛をおすすめしたい。

よく、医療脱毛とエステサロンでの脱毛を同格にして比べている記事を見かける。「エステ脱毛の方が痛みが少なくて料金も安い」ということがよく言われている。

でも、そもそも医療脱毛とエステ脱毛というのは別物で、以下の理由から私は医療脱毛をおすすめしている。

●エステ脱毛には永久脱毛効果がない

●永久脱毛効果と安全性が認められた医療レーザー脱毛機はクリニックでしか扱えない

●エステ脱毛は効果が弱いので、医療脱毛の約3倍の回数・期間がかかる

●しかも何年か後にまた生えてくることが多い

●回数がかかるので医療脱毛より値段が高くなる

●医師がいないので万一のトラブル時の対応が不安

●クリニックでは専門知識を持った看護師(レーザー脱毛士の資格を持つ人が多い)が照射してくれるけど、エステは素人同然のスタッフさんが照射

特に皮膚が敏感なデリケートゾーンの脱毛は、医療機関でやるのが安心。また、アンダーヘアは毛が根深く強く生えているので、エステ脱毛では効果がさらに出にくい。

気になる痛みも、確かにデリケートゾーンの脱毛は他の部位より痛みが出やすい。でもエステでも痛いのは痛い。医療脱毛ならクリニックなので、麻酔を処方してくれるので(麻酔クリームや笑気ガスなど痛みのないもの)、対処のしようがある。

賢くお金を使いたいなら、医療脱毛が断然おすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加