毛周期とは? 医療レーザー脱毛を短期間で終わらせたいなら知っておこう

毛周期とは、毛の生え変わるサイクルのこと。毛周期に合わせて照射することで、脱毛効果を最大化することができるので、知っておきたい知識のひとつ。

医療レーザー脱毛する人なら知っておくべき「毛周期」とは?

毛周期とは毛の生え変わるサイクルのこと。毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返して生え変わる。すべての毛が一斉に成長して一斉に抜けるわけではないので、それぞれの期の毛が入り混じっている状態。

成長期の毛は全体の20%程度と言われる。医療レーザー脱毛は毛根の黒い色(メラニン色素)に反応するので、成長期の毛にしか効かない。つまり一度に照射できるのはMAX20%程度の毛ということ。

毛周期

部位ごとの毛周期の違い

毛周期は部位によって異なる。抜けてから生え変わるまでの期間の目安は以下のとおり(個人差あり)。

約3〜4ヶ月
眉毛 約2ヶ月
ワキ 約3〜4ヶ月
約3〜5ヶ月
約3〜5ヶ月
アンダーヘア 約3〜4ヶ月

医療レーザー脱毛の照射間隔は毛周期から考える

レーザー照射後、成長期の毛は焼けて、約2週間以内に抜け落ちる。退行期の毛はレーザーが効かないので照射後も残る。これらの退行期の毛や休止期の毛が生えそろったところで、次の照射を行うのがもっとも効率的。

まだ十分生えそろっていないときに照射しても、もちろん効果はあるけど、脱毛完了までにより多くの回数がかかってしまう。より少ない回数で終わらせるには、照射間隔をしっかり空けることが大事

十分な照射期間の目安は先ほどの表のとおり。

眉毛 約2ヶ月
ワキ 約3〜4ヶ月
約3〜5ヶ月
約3〜5ヶ月
アンダーヘア 約3〜4ヶ月

ちゃんとしたクリニックでは、上記のような説明があるはず。早く終わらせたいからといって、毛周期を無視して頻繁に通っても、ムダに回数を消費して肌にダメージを与えてしまうだけなので注意しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加