白髪がある場合のVIO脱毛の方法

レーザー脱毛は、毛根の黒い色(メラニン色素)にだけ反応するレーザーを利用して毛根を破壊するしくみなので、白髪は脱毛できない。でもそれ以外に白髪を脱毛する方法はある。

レーザー脱毛では白髪は脱毛できない

エステの光脱毛(フラッシュ脱毛。IPL脱毛やS.S.C.方式など)やクリニックの医療レーザー脱毛は、いずれも毛根の黒い色(メラニン色素)にだけ反応するレーザーを利用している。毛を生み出す細胞がある毛根やバルジ領域をアタックすることで、医療脱毛なら永久脱毛効果を、光脱毛なら一時的な減毛効果を実現する。

毛を染めてもダメ

レーザーは皮膚の奥の毛根に反応するので、表面の毛を染めたところでレーザーは反応しない。

バルジ領域にだけアタックできる脱毛機があればいいけど・・・

従来の医療レーザー脱毛機は、毛根(毛を生み出す毛母細胞や毛乳頭がある)を主なターゲットとしたもの。でも最近、毛根より浅いところにあるバルジ領域という細胞が、毛のタネをまく役割を果たしていることがわかった。

バルジ領域

そこで、2つの異なる波長のレーザーを出して、毛根とバルジ領域の両方にアタックするメディオスターNeXTという、新しい医療レーザー脱毛機も誕生した。

※これまでの医療レーザー脱毛機も永久脱毛効果が認められたもので、メディオスターNeXTとの脱毛効果には違いはない。メディオスターNeXTはより永久脱毛効果をより確実にするもの、という感じ。

ただ、メディオスターNeXTも、毛根の黒い色にだけ反応するレーザーを利用するもの。そのついでに周辺のバルジ領域にもアタックするということなので、残念がながら、白髪には反応しない。

毛根の黒い色に頼らず、バルジ領域にだけアタックできるレーザー脱毛機があればいいのだけど、現状は開発されていない。

エステサロンのディオーネが開発した脱毛機は、HPによると、「毛の種に特殊な光をあてて発毛そのものを予防する」と書かれている。つまりバルジ領域にだけ働きかける光と読めるけど、「特殊な光」の詳細がわからないので、なんともいえない。理論的には白髪にも効くように思えるけど、「白髪には効かなかった」という口コミも見かけるのでよくわからない。

白髪の脱毛は針脱毛(ニードル脱毛)で可能

レーザー脱毛では難しいけれど、昔からある針脱毛(ニードル脱毛)であれば白髪の脱毛が可能。針脱毛というのは、細い針を毛穴に刺して電流を流し、毛乳頭を破壊するもの。

1本ずつの作業になるので時間もお金もかかりやすい。

でも白髪のようにレーザーが効かない毛や、眉下のようにレーザー照射が危険な部位の脱毛には効果的。

針脱毛といえば、大手エステサロン『TBC』が昔からやっている脱毛法だけど、針脱毛もレーザー脱毛も医療行為なので、本来はエステではやってはいけないもの。それにTBCはつい最近まで行政処分を受けるような勧誘をやっていたところなので、気が進まない。

※参考:TBCの行政処分

利用するならクリニックの針脱毛がおすすめ。調べてみたところ都内では、美容皮膚科 川口クリニックというところでは、アンダーヘアの針脱毛もやってくれるみたい。クリニックなので麻酔の用意もある。

そこまでするほどではない、という人は、とりあえず今残っている黒い毛だけを医療レーザーでなくす(または量を減らす)だけでも、かなり目立たなくなるのでは。白髪になった毛は細っていくし、いずれはなくなるかもしれないので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加