水着から毛がハミ出てるよ!(こんな体勢・角度に気をつけろっ)

きわどいビキニだけじゃなく、スクール水着でもアンダーヘアのハミ毛のリスクはある。特にこんな体勢・角度になったときに、他人に見られやすいので注意しよう。

水着やビキニを着たときのハミ毛に注意

意外とよくある水着やビキニのハミ毛。気づいていないのは本人だけ。

悲しいハミ毛体験

アンダーヘアのハミ毛のリスク。

そこまで際どいビキニじゃなければ大丈夫だろう、と思っていないだろうか。

履いたときに毛はきっちり収めたし大丈夫、と思って安心して海やプールではしゃいだりしていないだろうか。

私もそうだった。

ある日、彼氏に指摘されて気づくまでは・・・。

当時は若くて、アンダーヘアを処理するという常識を知らなかった。毛がはみ出すという発想もなかった。そんな風に水着が設計されているわけないと思っていた。

当時着ていたのはマルイで買った、セパレートだけど際どさはなく、ごく無難なデザインのもの。ショーツの上にラップスカートを重ねて履く、露出控えめなデザイン。

事件は海辺で起こった。彼氏と向かい合って砂遊びをしていたとき、しゃがんだ体勢でいたので、目についたらしい。慌てて注意されて見たら、Iラインの毛が何本かはみ出ていた・・・。うわ、こんなとこからはみ出るのか!

水着のときは360度どこから見られてもいいように

海辺やプールのようなリラックスして過ごす場所では、寝っ転がったり、しゃがんたり、うっかり足を開いたり、いろんな体勢をとることがある。

全部アンダーショーツに収めたつもりでも、気づいたらなぜかはみ出していたりする。特にこんな体勢・角度のときのハミ毛に注意しよう。

アンダーヘアは特にココのハミ毛に注意

アンダーヘアがはみ出るパターンは主に3つある。

Iラインのハミ毛

Iラインのハミ毛は意外と見落としがち。毛の量が多いとショーツが浮いてしまって、はみ出しやすくなる場合も。また、端っこだけ処理していたとしても、真ん中の長い毛がはみ出てくることもあるので注意。特にはみ出しやすいのはこんな体勢のとき。

  • しゃがんだとき
  • 三角座りしているとき
  • 寝転んで足を立てているとき
  • プールから上がるとき(ハシゴを登ってくるとき)
  • バナナボードや水上バイクに乗るとき

Vラインサイドのハミ毛

それほど際どいVラインデザインの水着でない場合も、毛量が多かったり長かったりすると危ない。アンダーショーツを履いていても、はみ出すリスクはある。

Vライン上部

オシャレなビキニほどローライズ(股上浅め)なデザインになっているので注意。痩せてる女性でビキニを履いたとき、寝転んだときに骨盤が盛り上がってショーツが浮くことも。見え方をチェックしよう。

Vラインのハミ毛に注意

Oライン

欧米のビーチに行くと、ブラジリアンビキニといって、かなり露出の高いビキニを着ている人もいる。Tバックスタイルに近い水着もある。あの人たちはみんなブラジリアンワックスで毛を処理している。

そこまでのビキニでなくても、後ろ姿には注意した方がいい。タンガ(Tバック)をよく履く人も同様に注意が必要。

VIO脱毛しておけばハミ毛の恐怖から永遠に解放される

友達や彼氏にハミ毛を見られた後の気まずさといったらない。死にたくなる。水着を着るときはアンダーヘアの処理は必須。でも、どんな方法がベストなのだろうか。

自己処理は大変だし、黒ずみの原因に

私も以前は、カミソリや電気シェーバーで自己処理していたけど、すぐに伸びてチクチクしてくるので、一度剃ると、ずっと剃り続けないといけない。疲れるし大変だ。

Iラインを自己処理しているときの体勢はすごく情けないし、手元も危ない。Oラインの毛なんて勘で剃っているようなもの。自分では気づかないところに、中途半端に毛が残ってしまう場合も多い。

アンダーヘアは根深く強く生えているので、シェービングで事故りやすく、化膿して毛のう炎になったり、埋没毛(毛が皮膚の中に入ってしまう)になりやすい。

それに、剃毛を繰り返していると、摩擦の刺激がメラニン色素を活性化させてしまい、黒ずみ・色素沈着の原因にもなる。

ブラジリアンワックスは肌に悪いし、黒ずみの原因に

ブラジリアンワックスとは、ミツロウなどを溶かして塗って、乾いたところをペリっと剥がして脱毛するアンダーヘアの脱毛法。

古来から行われてきたワイルドな方法で、とにかく激痛。肌が真っ赤になる。敏感肌の人は絶対やめた方がいい。刺激が強いので、これも黒ずみ・色素沈着の原因になる。

アンダーヘアの脱毛が常識の欧米では、このブラジリアンワックスのお店がとても多く、東京でも専用サロンはちらほら見かける。でも安くても1回5000円くらい。

何回やっても毛が減ることはなく、3週間おきに通う必要があり、そのたび痛みがやってくるし、時間もお金も失われる。それが一生続くのは辛い。

エステ脱毛や家庭用脱毛器では永久脱毛できない

じゃあ脱毛は? ミュゼや脱毛ラボなどの人気エステサロンでも、VIO脱毛のメニューは人気がある。だけど実は、エステ脱毛では永久脱毛ができない。

医療レーザーのような出力の高い機械は、医療機関でしか導入してはいけないと法律で決まっている。なのでエステでは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という効果の弱い脱毛を行っている。回数や期間は医療レーザーの約3倍かかるので、トータルコストで見ると医療レーザーより高くなる場合が多い。

しかも一時的な減毛効果しかなく、何年か経ったら元通り。何年か薄い状態が続いて喜んでいたけど、妊娠出産を機に脱毛前のぼーぼー状態に戻ってしまった知人もいる。

家庭用脱毛器は、エステ脱毛よりもっと出力が低いと思われる。IラインやOラインは自分では見えづらく、危険。私も一時期使っていたけど、まったく毛が減らないし、すごく疲れるし、時間があまりにももったいない。

VIO脱毛は医療レーザーがベスト

VIOを永久脱毛するなら、クリニックでの医療レーザー脱毛の一択になる(クリニックでの針脱毛という選択肢もあるけど、痛いし高額)。エステや家庭用脱毛器の効果の弱さに嫌気がさして、医療レーザー脱毛に乗り換える人も多い。

心配なのは痛みだけど、最近は痛みを和らげる冷却装置つきの脱毛機が主流。それにクリニックなら麻酔の利用もできる。

エステと違って1回目から効果を実感できる。3回目からは明らかに毛量が減って、毛質も変わる。量を減らして薄くしたいだけならそこでやめてもいい。

いくつかの美容皮膚科に聞くと、ここ何年かでVIO脱毛を受けに来る女性がすごく増えているらしい。

東京近郊だと私も通う、女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』のVIO脱毛が特に人気。料金は最安値クラスなのに、施術クオリティが高く、サービスも充実している。院数が続々増えていて予約も取りやすい。比較的痛みが少なく、細かい部位の照射が得意なライトシェアデュエットという医療レーザー脱毛機を導入しているのも特徴。大人の女性に特におすすめしたいクリニック。

地方の方だと、『湘南美容外科クリニック』のハイジニーナ(VIO脱毛)もおすすめ。安さではNo.1だし実績も豊富。大手ならではのソツのないクオリティや充実したサービスが安心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加