賃貸の部屋にも取り付けられるシャワートイレ(デリケートゾーンのにおい対策)

デリケートゾーンのにおいは、とにかくこまめに洗うのが一番。でも賃貸の部屋だと、トイレにビデがついていないことも多い。でも賃貸の部屋でも原状回復すればシャワートイレを取り付けることができる

デリケートゾーンが臭くなる理由

デリケートゾーンは毛もあるので、ショーツの中で汗をかいて蒸れやすい。特に夏場やピタピタなパンツを履いているときは蒸れやすい。すそわきがの人だと、アポクリン腺から出た汗が、皮膚の上の常在菌とまざることで臭くなる。

また、汗や尿や経血の匂いが、毛にからみつくことでさらに広がるので(毛の表面積はとても広いから)、アンダーヘアを処理することでも匂いは軽減できる。すそわきが治療をするクリニックでも、医療レーザーでのVIO脱毛を並行して行うことをすすめていたりする。

シャワートイレでこまめに汗を洗い流すことがベスト

デリケートゾーンの匂い対策としては、石鹸やローションなどがあると思うけど、石鹸は匂い対策としては効果の持続性が弱い。つけるものとしては個人的には、ミョウバン水をおすすめしているけど、やはり尿の匂いなどが溜まってくるので、こまめにビデで洗うのが一番

でも賃貸の部屋にはビデが付いてないことも多い。でもシャワートイレは賃貸の部屋でも取り付けられるし、原状回復もできる。

賃貸の部屋につけるシャワートイレの選び方

私はamazonで購入した。「シャワートイレ」で検索しよう(「ウォシュレット」はTOTOの商標)。

シャワートイレなんて水が出ればいい、と思っている人がいるかもしれないけど、使い心地は超大事。私は以前、amazonで東芝の1万円台のシャワートイレを買って失敗した。ビデの出方が鋭くて、デリケートゾーンにささって痛く、満足に洗えなかった。

なので、ここはもっとも信頼できるメーカーのものを選ぶべき。シャワートイレといえばやはりINAXかTOTO。TOTOは少し値段が高めで、amazonでは1万円台で買えるINAXのシャワートイレが人気。自動開閉・洗浄など上を見ればキリがないけど、これで十分だと思う。

INAX 【日本製で3年保証&キレイ便座の貯湯式】 温水洗浄便座 シャワートイレ RGシリーズ オフホワイト CW-RG1/BN8

パナソニックも使い心地は悪くないけど、取り付けが大変というレビューは気になる。

パナソニック 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ 貯湯式 パステルアイボリー DL-EJX10-CP

賃貸部屋のトイレにシャワートイレを取り付ける方法

レンチとドライバーがあれば、説明書を見ながら自分で取り付けられる。取り付け方はネットで調べるといろいろ載っていて、イメージがつかめると思う。

私はDIYが苦手でないので30分程度で取り付けられたけど、苦手な人は業者に頼んだ方がいい。私も引っ越すときの取り外しができなくて、そのときは水道屋さんに頼んだ。

水道屋さんの料金体系は、出張費3,000円+作業費・部品料というところが多い。私の場合は7,000円くらいだったかな。相場としても7,000〜13,000円程度らしい。

ビックカメラなどの量販店だと取り付けサービスもお願いできる。彼らも同じような業者に頼んでいるわけだけど、取付費込みの価格になっていたりして、トータルでamazonより安くなる場合もあると思う。

あと、そもそもトイレの部屋にコンセントがないとダメなので事前に確認を。それと、業者さんに頼む際は、トイレをキレイに掃除しておこう。「こんなところも汚れてたのかっ」という場合があるので。

デリケートゾーンのにおいは水洗いが一番。携帯用ウォシュレットもおすすめ

シャワートイレをつけてから、家にいる間はデリケートゾーンのにおいはまったく気にならなくなった。でも勤め先や外出先のトイレでは、ビデが付いていなかったり、使うのがためらわれることもある(なんか汚そう)。

そこで携帯用のウォシュレット

TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350


より最新版はこちら。

TOTO 【いつでもどこでも携帯できる】 携帯ウォシュレット グレー YEW4W3

サイズは13×6.7×4.6cm。片手で握れるサイズ。トイレに落としてしまわないようストラップが付いている。2つとも容量も吐水量・時間も同じでスペック的にはほぼ変わらないようだ。

アウトドア好きな人や痔の人などに好評のようだけど、外出先でのデリケートゾーンのにおい対策としてもいいと思う。水はトイレの手洗い所で継ぎ足せばいい。

「セペ」のように膣に挿入する使い切りタイプのビデもあるけど、毎日使える値段ではないし、頻繁に洗いすぎると膣内の常在菌のバランスを崩して余計な被害を招きかねない。

そんなわけで、家ではシャワートイレで、外では携帯用ウォシュレットでこまめに水洗いするのが、デリケートゾーンのにおい対策の基本としておすすめ。

ただ、やはり洗いすぎには気をつけないといけない。膣内や尿道に菌が逆流することもあるようなので、水流を弱い設定して、拭きとってから洗うようにした方がいいかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加