アリシアクリニックのVIO脱毛1回目口コミ【体験談】

女性向け脱毛専門『アリシアクリニック』の表参道院にて体験した、VIO脱毛の照射1回目の内容をレポートする。

  • 【1】前日の準備(自己処理)
  • 【2】施術の流れ(手順、服装、体勢など)
  • 【3】痛み
  • 【4】施術後の経過

アリシアクリニックのVIO脱毛1回目口コミ【体験談】

アリシアクリニックVIO脱毛体験記
【1】 前日の準備(自己処理)

レーザー脱毛は、照射の前日夜か当日朝に、照射部位の剃毛を済ませておかないといけない。VIOをはじめて全剃りする人は、けっこう大変なので、時間のあるうちに済ませておいた方がいい。おすすめは前日夜のお風呂あがりタイム(皮膚が柔らかい状態のうちに)。

VIO脱毛前の自己処理の方法(思った以上に時間がかかるから注意!)
レーザー脱毛をする際は、事前に照射する部位を剃っていかないといけない。脱毛のために、はじめてVIOを全剃りする人もいるだろうけど、思っている...

なお、アリシアクリニックでは、Oラインは自分で手が届きづらいエリアなので、無料でシェービングしてくれる。

また、予約を取るときに申し込んでおけば、一式2,000円でシェービングしてくれる。ただし、当日に剃り残しがあることがわかった場合は、その部分は照射してもらえないので注意しよう(そのまま照射するとやけどしてしまうから)。

※私も実は1回目、Iラインに剃り残しがあったのだけど、「え〜どうしよう・・・」とオロオロしていたら、看護師さんがササッとシェービングしてくれた。本来は有料の範囲だったのかもしれない。ゴメンナサイ。

アリシアクリニックVIO脱毛体験記
【2】 施術の流れ(手順、服装、体勢など)

VIO脱毛施術ルームの様子

アリシアクリニックでは初回客のための専用枠があるので、私の場合はカウンセリングの翌日に予約が取れた。予約時間に来院すると、待たされることなく施術ルームに通してもらえた。

アリシアクリニック VIO脱毛 施術ルーム

施術ルームは厚いカーテンで仕切られた個室。隣の声は何となく聞こえるけど、施術が始まると医療レーザー脱毛機の音がすごくうるさいので(工場みたい)、そんなことは気にならない。やたら音がうるさいので、恥ずかしさとか緊張感もほぐれる。

VIO脱毛時の服装

上半身は脱がなくていい。下半身だけ脱いで、紙素材のTバックショーツを履き、その上から紙素材のラップスカートのようなものを履く。ちなみにこのラップスカートは丈が長いので、上半身を脱いでゴム部分を胸まで上げて着ることもできる。

アリシアクリニックのVIO脱毛の服装

仰向けになった上から、タオルケットのようなものをかぶせてもらう。暑さ・寒さに応じて調整してもらえる。シーツやタオルはもちろん洗濯消毒済みのもので、ショーツとラップスカートは使い捨てなので清潔。

VIO脱毛の施術手順・所要時間

  1. 着替える(私は鼻下脱毛も一緒に受けるので用意されていたクレンジングシートでメイク落としも)
  2. 仰向けに寝る
  3. 剃毛状況の確認/シェービング
  4. テスト照射
  5. 照射
  6. クーリング/炎症止め
  7. 着替えて終了

全部で40分くらい。実際にVIOに照射している時間は10分くらい。すごいスピーディーに打っていくので早い。でも丁寧に重ね打ちしているので打ち漏れの心配はなさそう。

VIO脱毛時の体勢

Vラインは仰向けの状態で打っていく。仰向けの際はレーザーが目に入らないよう、厚めの目隠しタオルを乗せてもらえる。「人に見られるのが恥ずかしい」と心配してる人もいるかもしれないけど、この目隠しタオルで外界をシャットアウトできるので、その心配は無用。

Iラインは仰向けのまま、片足ずつ4の字固めのスタイルに組み替えて打っていく。アクロバティックな体勢を取ることはないので、体の硬い人も心配は要らない。

Oラインはうつ伏せに寝るだけ。看護師さんが肛門回りを少し広げながら打ってくれる。範囲が狭いのですぐ終わる。

アリシアクリニックVIO脱毛体験記
【3】痛み

皆さんがVIO脱毛で一番気になるのは、痛みだと思う。

個人差が大きいのであくまでも参考程度にしてほしいのだけど、正直に書くと、初回は出力を最低レベルにしているためもあってか、VラインとOラインは余裕だった。時折チクっとするくらいで、拍子抜けするくらい余裕。

しかーしIラインは違った。Iラインの外側は余裕だったのだけど、中央付近はさすがに痛かった。これがIライン脱毛の痛みかと。ビクッとなったけど、看護師さんが4の字固めの上に乗るように押さえつけて打ってくれるので、思う存分、全身に力を入れて痛みに耐えることができた。顔にはタオルをかけてもらえるので、痛みで変顔になっても大丈夫(私はショットの度に変顔することで痛みを逃す…というイメージで乗り切った)。

Iラインの照射時間は左右それぞれで1〜2分程度。結局、あっという間に終わるのだ。左側を打ってから、右側に移るのだけど、その間の1分くらいの休憩時間(ジェルを塗り直したりする)が一番怖かったかな。あの痛みがまた・・・と思うと。

私はストップをかけるほどではなかったけど、痛みに応じて、ゆっくりやってもらうこともできる。

Vラインのように皮下脂肪のある部位は比較的痛みを感じにくい。照射の間もリラックスできた。Oラインはもともと毛が少なかったからか、まったく痛みを感じなかった。一方、Iラインは黒ずみがあって、レーザーは黒い色に反応するので、全体的に痛みを感じやすくなる。

でも強い痛みを感じるのは、たいてい1〜2回目まで。私は1回でIラインの毛量がかなり減ったので、2回目の時点で既に余裕だった。

回を重ねるごとに毛量が減るので、出力を上げていったとしても痛みは軽くなっていくというのが、多くの経験者が語る傾向(VIOはデリケートなエリアなので出力は最終的にもそんなに上げられないし)。

一般的に、黒ずみが少ない・毛量が少ない・毛質が細い人は痛みが少ないようだけど、もともと痛みを感じにくい・感じやすい体質もあるだろうし、生理前後は痛みを感じやすいなど、体調によっても千差万別。どうしても怖い人は、麻酔を処方してもらうこともできる(アリシアで麻酔を使う人はほとんどいないらしいけど)。

アリシアクリニックはライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)を使用

アリシアクリニックでは、ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)の医療レーザー機を導入している。これと、湘南美容外科が導入しているジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)が、多くの脱毛クリニックで導入されている医療レーザー機の代表的な2機種になるのかなと思う。

アリシアクリニックのVIO脱毛 ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)

脱毛効果はどちらも同じ(医療レーザー機ならどれも脱毛効果は変わらない)。痛みを緩和するために冷やしながら打つのも同じ。ライトシェアデュエットは吸引しながら打つので痛みを感じにくいと言われるけど、それは広い照射口を使ったときの話。VIO脱毛ではもう1つの狭い照射口(9mm角)を使うので、あまり関係ないようだ。

アリシアクリニックVIO脱毛体験記
【4】施術後の経過

照射当日

Vラインの毛穴が少し赤くなっていた。施術後にしっかりクーリングして炎症止めも塗ってくれていたようなので、ヒリヒリする感じはなかった。シャワーをしても平気だった。毛先が焼け焦げて膨張して見えるので、黒いポツポツが目立つ状態。

照射3日後

毛穴の赤みが引いて茶色っぽい色に。手でこすると毛がホロッと抜けた。

照射2〜3週間後

タオルや手でこする度に毛がホロホロ抜けた。その後は新たな毛が生えてくる気配もなく、無毛状態がつづく。この時期に生理が来たけど快適だった!

照射5週間後

新たな毛が5mm〜1cmくらい伸びてきた。Iラインはうっすら生えているけど、ほぼ無毛状態のような感覚。

照射2ヶ月後

1〜2cmくらい伸びて来た。Vラインの見た目はまだショボいけど、もともと薄い人、あるいは整えている人に見えなくもないレベル。1人で銭湯に行くくらいなら余裕。

照射3ヶ月後

見た目に自然に見えるくらいに生えそろってきた。毛は少し減った気がする。特にIラインは明らかに減った。生えそろったVラインの毛量を見て、次回も全照射することを決める。

※アリシアでは最低3ヶ月空けるルールなので、次回予約はちょうど3ヶ月後に。体の脱毛は毛周期を考慮して最低でも2〜3ヶ月は空けるべき。照射間隔をしっかり空けた方が1回あたりの脱毛効果を最大化できるので、より少ない回数で終わらせることができる。

さいごに:終わった後は心地よい解放感に包まれた・・・

アリシアクリニック(表参道院)での1回目のVIO脱毛を終えた。ハイライトはIラインの脱毛の痛みに耐えたこと。ほんの数分のことだったのに、テニスでジョコビッチとフルセット戦って勝った後のような脱力感と解放感に包まれた。体中からエンドルフィンが溢れ出ていたと思う。

「終わったんだ・・・」と、ものすごい幸福感に包まれて、帰り道ちょっと楽しくなって、夜風に吹かれながら表参道の街を少し歩いた。スタバでホットココアを飲んで、しばし幸せに浸った。

≫ アリシアクリニックの詳細・最新キャンペーン情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加